2020年 11月 28日 (土)

〈スカーレット〉(第105話・2月5日水曜放送)
7回目の窯焚きに挑戦する喜美子の前に別居中の八郎が現れ、これまで打ち明けなかった想いを語る

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   2週間の窯焚(た)き決意した喜美子(戸田恵梨香)。そのことを聞いた別居中の夫・八郎(松下洸平)が心配して喜美子のところにやってくる。

   八郎「2週間も焚き続けたら窯はもたん。火事になって大ごとになるで」

   喜美子「覚悟しとる」

   八郎は、喜美子に踏みとどまってもらおうと、これまで打ち明けなかった想いを語る。

八郎「喜美子は陶芸家やない。女や。男と女やった」

tv_20200203110401.jpg

   八郎「前に、同じ陶芸家やのになんで気持ちがわからんかって言われたよな。僕にとっては、喜美子は陶芸家やない。女や。男と女やった。頼む、危険なことはせんといてほしい」

   喜美子「心配してくれてありがとう。八さんのおかげで、陶芸に目覚めさせてもらった。うちは...陶芸家になります」

   そして、家族の協力も得ることになり、7回目の窯焚きが始まる。喜美子の幼馴染みである大野信作(林遣都)や妹・川原百合子(福田麻由子)が交代で薪入れを手伝う。同じく幼馴染みの熊谷照子(大島優子)も差し入れにやってくる。

   窯焚きを始めて2週間。最後の日に薪入れの番をする喜美子は疲れがたまり、睡魔に襲われて寝かけてしまう。その瞬間、窯の一部が崩れ、穴から火が噴き出す。 母親の川原マツ(富田靖子)が「火事や。消すで!」と火を消そうとするが、喜美子はマツを止めた。

   喜美子「アカン、水やない。薪や。もっと燃やす。もっと火を焚くんや」(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中