2020年 2月 22日 (土)

<科捜研の女/第30話>(テレビ朝日系2月13日木曜)
殺された人気ブロガーの素顔はウソだらけ・・・胃の内容物のちぐはぐさにマリコは気づいた

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   『節約の達人』として人気のブロガー・柴崎佐江(菊池美香)の遺体が、公園の雑木林で発見された。なぜか頭にへッドライトを装着していた。別の場所で殺され、運んでこられたらしい。後頭部を鈍器で殴られていたが、背中や両腕に死後についた奇妙な線があった。

   柴崎は本当は贅沢が大好きな浪費家で、金儲けのために節約ブログを書いていたニセ節約家だった。遺体発見の2日前に夫婦喧嘩をして、家を飛び出したまま行方が分からなくなっていた。

遺留品の指紋は本物の情報提供者

   京都府警科学捜査研究所の法医担当・榊マリコ(沢口靖子)らの捜査で、遺留品に残っていた指紋から、柴崎に節約情報を提供していた本物の節約の達人は、図書館員・園田逸子(松岡依都美)だと判明した。園田は柴崎と半年ほど前に出会って、節約の知恵を無償で提供していた。

   マリコらが園田に事情を聴くと、園田は家出した柴崎を自宅に泊めたことは認めたが、殺人に関しては「殺人ってお金がかかるのよね。私、そんな無駄なことはしません」と否認した。柴崎の胃には、パン、卵、タマネギ、牛脂、胡椒が残っており、節約料理と見られたが、何の料理であるかは不明だ。

物干し竿やタライを使って100円で遺体移動

   そんなとき、新たに容疑者として浮上してきたのが、園田の実母で別居中の園田志乃(筒井真理子)だった。志乃は20年前に人を殺し、その罪をなんと娘の逸子になすりつけようとした。しかし、志乃の犯行を目撃したという柴崎の証言で逮捕され、服役した。志乃はその復讐のために柴崎を殺害したのか。

   マリキらは、柴崎が最後に食べた意外な料理の謎を解くとともに、物干し竿やタライを使ってたった100円で遺体を運ぶ方法を突き止めた。

   過去と現在の2つの殺人事件の真相から、20年前の真実があぶり出される。(よる8時放送)

寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中