2020年 8月 9日 (日)

激辛カレーだけじゃなかった!教師間いじめ小学校に「プチヒトラー」と呼ばれたヤクザ校長がいた!

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   悲鳴をあげる男性教師の口に無理やり激辛カレーを押し込む動画が流れ、大問題になった神戸市立東須磨小学校の教師間いじめ事件。21日(2020年2月)、神戸市教育委員会が設置した外部調査委員会が2017年から2019年までの3年間を調査した報告書を公表したが、そこでいくつかの新事実が発覚した。

   20代の男性教師Xさんに対し、30代男性教師3人と40代女性教師合わせて4人が行ったいじめ行為は125件。その発端となったのは、30代の加害教師Aが夏休み中、Xさんの体を養生テープで拘束し、教室に放置したことだ。

   Aはその後、執拗にXさんへの嫌がらせを続ける。机の上にゴミや氷を置いたり、焼き肉のタレを飲むよう強要したり、熱湯入りのやかんを顔に近づけるなど、その数は89件に上る。

女帝以外にもいた男性教師をいじめる女教師

   また、女帝的存在だった40代女性教師Dは被害教師を犬扱いし、「ポチ」と日常的に呼んでいた。

   さらに、同小学校では、別の教師間でも問題行為があったことが分かった。2018年6月から7月ごろ、5年生担任である40代女性教師Eが臨時担任である20代男性教師Yさんをいじめていた。「Y先生の授業が分からない」と訴える子どもたちに、Eは「そんなに嫌だったらうちのクラスにおいで」と児童の半数に机ごと教室を移動させた。その後、児童の目の前で「なぜ迎えに来ないのか!」と、Yさんを叱っていた。

   また、「プチヒトラー」と呼ばれる前校長の悪質な言動も明らかになった。前校長は周りの教師に対し「死ね」「つぶす」「公開処刑や」「逆らうヤツは辞めさせたる」など威圧的な言動を繰り返していた。Xさんが懇談会の欠席を申し出た時には、「俺を敵に回していいんか。俺のメンツをつぶす気か」と脅した。まるでヤクザだ。

   「怖くて相談できない」と当時の教師たちから恐れられていた前校長だが、「頼りがいがある」と慕っていた教師たちもいる。激辛カレーいじめをしていた4人の教師だ。

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中