2020年 12月 1日 (火)

<病室で念仏を唱えないでください/第8話>(TBS系3月6日金曜放送)
心臓外科の濱田のたくらみ――生活保護患者に次々とペースメーカーを埋め込む狙いは?松本との確執は爆発寸前

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   僧侶でもある救命救急医・松本照円(伊藤英明)が勤務するあおば台病院救命救急センターに、高価な心臓のペースメーカーを埋め込まれた生活保護の患者が相次いで搬送されてきた。スタッフ医師の児嶋眞白(松本穂香)が調査すると、すべての患者がこのあおば台病院の心臓外科で手術を受けていたことが判明した。

   松本が心臓外科の濱田達哉(ムロツヨシ)を問い詰めると、「大義は僕にある」と開き直った。濱田はあおば台病院に子供の心臓病を専門に扱う小児ハートセンターの設立しようという野望を抱いていて、どうやら不正ペースメーカー事件はそのことと関係がありそうだ。

   そんなとき、医療コンサルタント・長谷英人(淵上泰史)から濱田に電話が入った。心臓外科学会理事長・大貫義彦の孫の川崎美咲が重い心臓病で、濱田が治せば「医師会を後ろ盾に、小児ハートセンター計画が動き出しますよ」と入れ知恵する。

学会大物の孫娘が入院してきた

   救命救急センターに、ひき逃げ被害で意識不明の大けがをした女性が搬送されてきたが、2日たっても家族からの問い合わせがなく、荷物からシングルマザーと推測され、家に乳幼児が1人で残っている恐れがあった。身元不明だったが、児嶋があることに気づき母子の窮地を救う。

   そして、美咲が母親と祖父に付き添われて転院してきた。濱田は優秀な心臓外科医・田沼秀一(前田公輝)を助手に、難しい手術を開始した。「目的が正しければ不正に目をつぶっていいのか」と正義を貫こうとする松本、「あんたの正義は誰の命も救わない」と言い放つ濱田の確執は、一触即発だ。(よる10時放送)

寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中