2020年 11月 24日 (火)

中国・南京市「新型ウイルス感染者」ゼロ宣言!強権で徹底抑え込み・・・地下鉄改札は体温測って氏名登録

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   中国・南京市は2月15日(2020年3月)から15日間連読して、新型コロナウイルスの新たな感染者が出ていないと発表した。ものすごい強権・強引対策が実施されたらしい。

   南京は武漢市から460キロ、人口843万人と大阪に近い規模の大都市だ。いま、市内には車がほとんど走っておらず、デパートも閑散としていて、「店内で飲食禁止」の張り紙があった。飲食店は「無接触サービス」で、ファストフード店では店内に入らずに店頭のQRコードで注文し、手袋姿の従業員から受けとる。商品袋には、調理人と渡した店員の名前と体温が表示される。

   10路線ある地下鉄では改札で体温検査され、37・3度を超すと入れない。乗車には情報登録が義務付けられ、だれがいつどこで乗ったかが記録される。

感染者はスマホ地図で行動をすべて監視

tv_20200306115114.jpg

   感染者の行動をスマホの地図で見られるアプリが出回り、一部地区はフェンスで封鎖され、出入りの際は体温検査をする。2月上旬から幼稚園、小中高校、大学が無期限休校、子どもたちは教師が作った動画でオンライン授業だ。

   2013年から南京に住む竹内亮さんは「中国から見ると、日本の対策はまだ足りない。もう少し意識を持たないといけない」という。

   犬山紙子(イラストエッセイスト)は「日本では個人情報の観点や経済活動を止める補償などでむずかしいのではないでしょうか」と言い、東京歯科大の寺嶋毅教授も「成果は評価できるが、日本では現実的にやれない部分もあります」と話す。

   司会の加藤浩次「強制できない部分がありますねえ。ここまでする必要があるか、いろんな考え方はあるだろうけど、日本も危機意識は持った方がいいなあ」

   大畑大介(ラグビー元日本代表)「これだけ(対策を)行えば、こうなったという事実は考えないといけないのではないですか」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中