2020年 11月 24日 (火)

<人間の時間>
異次元にスリップした「クルーズ船」生き残りのために殺し合う乗客たち...韓国の鬼才キム・ギドク監督が問う「身勝手な欲望のその先」

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   舞台はクルーズ船だ。第2次世界大戦で使用された軍艦が、クルーズ船として約100人を乗せて出航する。乗客は日本人カップル(藤井美菜、オダギリ・ジョー)や、韓国の有力な国会議員(イ・ソンジェ)とその息子(チャン・グンソク)、ヤクザ、娼婦、若者、老人(アン・ソンギ)など。彼らは、クルーズ船が霧に包まれた未知の空間で浮遊していることを知り、生き残りをかけてさまざまな悲劇的事件を起こしていく。

「異端児」にしか表現できない迫力に身震い

   生き残る人が少なくなっていく中で、他人を信じられるかどうか、登場人物たちの心は激しく揺れる。キム・ギドク監督は「人間なんてものは他人をコントロールすることは不可能であること」を前提に、自分を信じることを強調していく。それも自我などの精神論ではなく、物理的に人間とは「自然」であることを何度も訴えかけていく。

   また、他人を理解するには、まず目を背けたくなるほどの現実を己の目で直視し、己の欲望に忠実であることを訴える。「私は自分の欲望に忠実に映画を撮り続けることで観客を理解することしかできない」というのが、インディペンデント映画にこだわり続けてきたこの映画作家の本音だろう。

   密閉されたクルーズ船の中で、登場人物たちの「身勝手な欲望」の先にある「他者への理解」が本作の救いになる瞬間は、「映画界の異端児」にしか表現できないと感じさせる迫力があり、身震いした。

   丸輪太郎

    おすすめ度☆☆☆☆

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中