2020年 12月 1日 (火)

韓国「新型コロナ警戒」全面解除!観光地や焼肉店は大賑わい...日本はいつ?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   韓国ではきょう6日(2020年5月)、新型コロナウイルスの封じ込めに成功したとして、外出自粛が解除された。「多くの人が朝から出勤しています。マスクを着けていない人もいます。日常生活では新型コロナの影響を感じにくくなっています」と、ソウル支局の今林隆史記者がソウル市内から生中継で伝えた。

   きのう5日には、すでに韓国各地のショッピングモールや観光スポットは多くの家族連れや若者らであふれていた。ヨンインを訪れた親子連れは、「1カ月以上の外出自粛がやっと終わるので、ストレス発散にきました。うれしくてホッとしています」と話し、屋台の女性主人も「これからもっとお客さんが増えて、売り上げもどんどん良くなりますよ」と笑顔だった。焼肉店を訪れ、対面で食事をしていた女性グループは「ずっとリモートで会話していたけど、直接会って話をした方が楽しい」と話していた。

文在寅大統領は自画自賛「K防疫が世界基準になる」

   韓国の感染防止政策に詳しいニッセイ基礎研究所の金明中・准主任研究員は、封じ込めのポイントとして、(1)ドライブスルー方式など大規模なPCR検査(2)生活治療センターにおける軽症者の隔離(3)感染者の感染経路など情報公開、の3つを挙げている。コロナ対策に成功した文在寅政権の支持率は昨年10月(2019年)の41.4%から63.7%に上昇し、文大統領は「防疫当局と医療陣の献身と国民の協力が力になった『K防疫』が世界標準になる」とアピールしている。

   髙橋知典(弁護士)「感染ルートをたどる聞き取り調査は、記憶間違いや嘘もあって大変難しいものです。韓国のように、クレジットカードのデータなどもリンクさせることができれば楽ですが、日本では、国がそこまで個人の情報を把握することを私たちが許せるかという問題があります。韓国と同じようにやるのは難しいですね」

   小林寅喆教授(東邦大)「隣の国で起きていることをもとに、PCR検査体制や軽症者施設などを日本も用意を整えておかなければいけませんでした」

   キャスターの立川志らく「日本では難しいこともありますが、対岸の火事にしてしまったことが、今のPCR検査の遅れにつながっています。学べることは学ぶべきですね」

文   キャンディ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中