2020年 7月 14日 (火)

「麒麟がくる」信長暗殺阻止に光秀大活躍!「やっと主役らしくなった!」「信長、毒ママに絶望し魔王シフトか?」「義龍のナレ死残念!」

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第19話「信長を暗殺せよ」が24日放送されたが、久々に明智光秀(長谷川博己)が前面に出て活躍する回となった。

   冒頭、弟の信勝を殺した織田信長(染谷将太)が、母親の土田御前(檀れい)から「そなたは私の大事なものをいつも壊した。小鳥、茶器...。今度は信勝。私は死んだも同然」と責められる。

  • 「麒麟がくる」(NHKの番組ホームページより)
    「麒麟がくる」(NHKの番組ホームページより)
  • 「麒麟がくる」(NHKの番組ホームページより)

「弟を可愛がる母親の愛情に飢えていた信長が切ない」

   一方、光秀は朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に呼び出され、京に戻った将軍・足利義輝(向井理)に鷹を献上するよう命じられる。京では、斎藤義龍(伊藤英明)が、これから上洛してくる織田信長(染谷将太)の命を狙っているという噂を耳にした。

   松永久秀(吉田鋼太郎)の力を借り、光秀はそれを未然に阻止。義龍と再会すると、義龍は再び自分と手を組み、美濃を大きく豊かな国にしようと持ち掛けるが、光秀はそれを断るのだった...。

   ネットでは、今回も見ごたえがあったという声が多かった。

   「家族を失った信長と権威を失った義輝の悲哀。何よりも、弟たちを殺し父親を殺してもはや裸の王様になってしまった義龍の寂しさ。今回は、男たちの悔しさ虚しさが存分に胸に迫る回だった」

   「土田御前、幼い信長を優しく抱きしめて手あげればよかったのに。信長は、弟を可愛がる母の愛情に飢えて、母の大切なものを壊したのでしょう。弟を相手に戦をするなんて、信長はやりたくなかっただろう。母の願いで許しても、また毒薬をもって殺そうとしてくるなんて。それでも『お前が悪い』と信長を責める土田御前は毒ママです。こんな母親は今もいそうです。同じ女として暗く考えさせられてしまいます」

   「絶望が怒りに。これから魔王シフト。信長中心に話が進むと、視聴者の体温がやはり上がる。何を考えているかわからない染谷信長と、何も考えていない向井義輝の対比がいい感じだった」

   「染谷信長が白刃のような恐ろしさを秘めている(なんというか狂的な?)。あと吉田松永弾正がかっこよすぎる。さすがとしか言えない」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中