2020年 11月 29日 (日)

米英企業がワクチン開発計画を発表 10億回分の生産体制が整ったというが...2年はかかる

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   世界各国が「アフターコロナ」を模索している。アメリカでは20日(2020年5月)、全州で部分的に経済活動を再開させ、ヨーロッパでは夏のバカンスシーズン前に制限を緩和し、経済を立て直していく考えを示している。そんななか独自の政策を見せる国もある。

   観光業に依存するイタリアでは海外からの観光客が望めない中で、国民に国内旅行を推奨するため、国内旅行に500ユーロ(約5万円)を援助すると発表した。ニュージーランドではアーダーン首相が5月18日、SNSで週休3日を企業に提案して、休暇を利用して国内観光を促す。

専門家「検証して販売するまでに1年半程度かかる」

tv_20200525125447.jpg

   司会の加藤浩次「観光客が来ないなら国内で回していこうということですね」

   読売新聞特別編集委員の橋本五郎「今後どうやって立て直すかについて、ニュージーランドのように今までやったことがない方向に変わるのは日本にも当てはまる。週休3日もそうだし、在宅でできることもある。今までのやり方を取り戻すのではなく、新しいやり方を考える必要があると強く思います」

   そんな中で期待が高まるワクチンの最新事情はどうなっているのか。米国の製薬企業「モデルナ」は5月19日に初期臨床試験で有望な結果を得られた新型コロナのワクチンを7月に最終段階の臨床に進めると発表。英国のアストラゼネカはオックスフォード大学と共同で開発した新型コロナワクチンを9月から供給すると発表、今年と来年で10億回分を生産する体制を整えたとした。

   日本感染症学会指導医の水野泰孝医師によると、「検証して販売するまでは1年半程度かかるのではないか」という。

   加藤浩次「それまで、それぞれが頑張らないといけない状況だということです」

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中