2020年 10月 23日 (金)

「テラハ」木村花さん急死で検証へ...フジテレビ社長コメントに「まるで他人事」「悪いのはすべてSNSの中傷か?」「番組が煽った責任はないのか?」と怒りの声

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   フジテレビは29日(2020年5月)、同局の恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演していたプロレスラー木村花さん(享年22)が23日に急死したことについて、遠藤龍之介社長のコメントを発表した。

   遠藤社長は「私どもがもっと細かく、継続的に、彼女の気持ちにより添うことができなかったのだろうかと、慚愧の念に堪えません」と述べたうえで、「リアリティーショー」という特殊な番組の性質をふまえ、「刻々変化する出演者の心の在り方という大変デリケートな問題を番組としてどう扱っていくか、どう救済していくかということについて向き合う私どもの認識が十分ではなかったと考えております」と反省の弁。

  • 東京・お台場のフジテレビ本社
    東京・お台場のフジテレビ本社
  • 東京・お台場のフジテレビ本社

「フジ系バイキング、とくダネでは番組の責任は見事にスルーだ」

   再発防止も含め、「今後、十分な検証を行ってまいります」と明かした。また最後に付け加える形で、

   「ネット上では、出演者や関係者などへの中傷も相次いでいると聞いており、大変、憂慮しております。そういったご批判は番組を制作・放送・配信していた我々が受けるべきものと考えていることを申し添えます」

   と語った。どうもネット上の中傷が今回の事件の一番の大本であると考えているようだ。

   ネット上では、遠藤社長のコメントとフジテレビの姿勢について、怒りと疑問の声があがっている。

   「今日の(フジテレビ系)バイキングは、坂上忍と土田晃之が視聴者のSNSに責任をぶつけるコメントをしていた。昨日の(フジテレビ系)とくダネも同じで、小倉智昭が誹謗中傷を書いた人間の責任にしていた。リアリティーショーの問題と批判に対して真摯に受け止めるどころか、放送した内容に踊らされた連中の民度の低さをあげつらって、全く番組の責任に触れていないのは、どういう了見ですか? 社長のコメントと、どちらが本音なのですかね?」

   「バイキングでは、リアリティー番組だけど視聴者が真に受けすぎ、何があっても匿名でSNSでの誹謗中傷は許せない、匿名SNSに対して法整備が必要、と番組側には非がないどころか、視聴者と社会(政府)が悪いという内容だった。確かに花さんを死に追い込んだのはネットでの誹謗中傷で、絶対に許してはいけないが、ネットが荒れた要因を作ったテレビ制作者側に、そういう認識が一切ないのには驚きました」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中