2020年 11月 25日 (水)

<エール!>(第56話・6月15日月曜放送)
エエッ、死んだお父さんがあの世からやって来た!?閻魔様に許されて1泊2日で音やお母さんの様子を見に来たという

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   古山音(二階堂ふみ)の父親、関内安隆(光石研)は、音が小学生の時、出張先の大阪で線路に落ちた子どもを助けようとして電車にはねられ突然亡くなった。その父が、ある昼下がり、音がいつものように華を寝かしつけていると、白装束で現れた。「女の子か。かわいいな」

   音は「きゃあ~」と叫んで腰を抜かし、頬をつねってみると、痛い。「現実だわ」

   安隆「驚いたか。俺の体、親族にしか見えとらんのだわ。あの世で、宝くじに当たって、1泊2日の現世への旅行が許可されたんだ。だから会いに来た」

「お前の歌が好きだ。必ずまた歌ってほしい」

tv_20200610160026.jpg

   奇妙な再会だが、音は何とか納得でき、父が好きだった団子を買ってきた。父はあんことみたらしを交互に刺し直したのが好きなのだ。「これこれ、この世の食い物はうまいなあ」なんてのんきなことを言っていると、裕一(窪田正孝)が帰ってきた。

   裕一には安隆の姿は見えない。裕一と華が寝てから、安隆と音はまた二人きりで話す。「もう、そろそろ行くな。光子や梅にも会いたいしな」。光子(薬師丸ひろ子)、梅(森七菜)は妹だ。「俺、音の歌が大好きだ。必ずまた歌って欲しい。約束だ」

   そう言って、安隆は豊橋に向かった。

(NHKあさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中