2020年 11月 28日 (土)

安倍首相「御身内・お友達びいき」でいよいよ窮地!側近の夫を法相起用で失敗、妻を擁立してまた失敗

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   河井克行前法相と案里参議院議員が公職選挙法違反(買収)で逮捕され、容疑のポイントは広島県議らに配った2570万円の出どころだ。昨年(2019年)の参院選挙で、自民党本部は広島選挙区での2議席独占を狙い、現職の溝手顕正氏に加え、県議だった案里を擁立し、案里陣営に1億5000万円の資金を提供した。 溝手陣営へは1500万円だったというから、通常の公認料とは明らかに意味が違う。

   作家の吉永みち子「同じ選挙区から2人が立候補して、1人は1億5000万円で、もう1人が1500万円。誰がこの金額を決めたのかが重要なことと思いますね。自民党はいつも不祥事を議員個人の責任にすしますが、これは党の責任、任命者の責任、党総裁の責任です。予算委員会を開くなどしてでも説明責任を果たしてほしいです」

露骨な買収やってでも党内の安倍批判派を追放

tv_20200619142839.jpg

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)は「これは民主主義を覆すことだと思う。民意で決める選挙が、金で決まってしまう。安倍首相の任命責任は免れないですよ」

   テレビ朝日コメンテーターの玉川徹「克行氏は選挙の素人ではないですよね。こんなシンプルな買収をしたら、買収相手に指摘されて一発で終わりです。それくらいしても、どうしても当選させたかったという背景には、もう一人の候補・溝手さんが安倍首相に批判的だったこともあるのではないでしょうか。河井前法相は安倍首相の側近。お友達にはよくするが、歯向かうものは許さないという姿勢が10倍の資金となっているのかもしれない」と話した。

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中