2020年 11月 29日 (日)

<エール!>(第62話・6月23日火曜放送)
佐藤久志の少年時代の悲しい思い出......実の母に会いに行ったら、そこには新しい家庭があった!泣き濡れていると藤堂先生が一緒に歌ってくれた

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   古山裕一(窪田正孝)の幼馴染みの佐藤久志(山崎育三郎)は、コロンブスレコードの専属新人歌手のオーディションを受けることを決めたが、佐藤が音楽を目指すようになったのには、複雑な事情があった。

   10歳の時に福島の小学校に転校してきた久志は、父の再婚相手の玲子(黒川芽以)を「お母さん」とは呼べず、葛藤していた。そんな時に、音楽の授業で「ふるさと」を歌った。担任の藤堂清晴先生(森山直太朗)は、「君の歌、すごくよかった。今度の学芸会で少しだけ独唱してみないか」と声をかけた。

   しかし、転校生で学校にもなじめなかった久志は、返事もせず走って逃げてしまった。

音楽の道を目指そうと決めた雨の日

tv_20200617140156.jpg

   家に帰った久志は、大事にしまってあるずっと前に送られてきた実の母から手紙を取り出した。そこには「リッパナアトトリニ、ナッテクダサイ」と書かれていた。母が恋しくてたまらない久志は、家政婦からなんとか住所を聞き出して、会いに行った。

   母の新しい家を覗くと、そこにはすでに新しい家族があって幸せそうに暮らしていた。久志は手にしていた手紙を破り捨て、母には会わず、雨のなかをずぶぬれになって帰った。

   雨は激しくなったが、家に帰る気にもならず、学校に向かい、濡れてたまま机に突っ伏していた。すると、藤堂先生が見つけてくれて、ストーブを付けてくれる。藤堂先生は何があったかを聞くこともなく、久志と「ふるさと」を歌った。「やっぱり、君いい声しているよ」

   久志は初めて大きな声で歌い、心が晴れていくのを知った。佐藤が音楽の道へ進もうと決心した雨の日だった。

(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中