2020年 9月 26日 (土)

「私の家政夫ナギサさん」母・草刈民代の神セリフに涙腺決壊の声!「いい人ばかりのゆる~いドラマ」「半沢直樹で体力消耗するので、ナギサに癒されるのが楽しみ」

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   多部未華子(31)が主演するTBSドラマ「私の家政夫ナギサさん」第5話が4日(2020年8月)に放送され、平均世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が14・4%と最高を記録した。うなぎ上りに人気が高まっている。

   第5話は、ヒロインの相原メイ(多部未華子)の一家が父・茂(光石研)の還暦祝いを機に、仲たがいしていた母・美登里(草刈民代)と妹・唯(趣里)の関係が修復されるというストーリー。ネット上では「全員いい人ばかりの癒されるドラマです」「泣けて、泣けて、涙がとまりませんでした」という称賛の声であふれた。

  • 父の還暦祝いで全員が仲直り(番組ホームページより)
    父の還暦祝いで全員が仲直り(番組ホームページより)
  • 父の還暦祝いで全員が仲直り(番組ホームページより)

ナギサ人気が急上昇、視聴率も過去最高の14・4%に

   物語は、メイが医師の肥後(宮尾俊太郎)から結婚を申し込まれる一方、同僚の薫(高橋メアリージュン)も、ライバル製薬会社MRの田所(瀬戸康史)に告白し、急接近。メイは田所が隣人であることを薫に告げるべきか悩んでいた。そんな中、メイの父・茂の還暦祝いを自宅でやることに。母・美登里と唯との仲を取り持ちたいメイは、スーパー家政夫・ナギサ(大森南朋)に協力を依頼する。

   すっかりナギサさんに心を許しているメイは、自分もナギサさんについて知りたいと思うようになる。すると、何とナギサさんが過去にMRをやっていたことまでわかる。一方、田所にも何やら秘密がありそうで......という展開だった。

   ネット上では、こんな称賛の声であふれている。

   「多部ちゃんの表情がコロコロ変わって、見ていて本当に飽きない。共演者の方も言っていましたが、想像を超えた演技をしてくる。でも、それが大袈裟ではなく自然。大森さんも瀬戸くんも、いやキャスト全員が自然体。現場の雰囲気もいいのだろうなって、ドラマ見ながら感心しています。メイちゃんの家族が1つになって本当に良かった。感動しました。」

   「茂パパの還暦祝賀パーティー。一皿、また一皿と、相原家の思い出メニューが出されるたび、癒され、修復されてゆく美登里さんの心...。メインディッシュのハンバーグは、美登里ママの完成品に娘2人がカスタマイズした、かけがえのない家族の味。メイや唯の存在があったからこそ、より味わい深くなった、まさに相原家の象徴だったのですね。サングラスやマスクに隠された奥で、涙に濡れる唯の表情。趣里さん、流石の演技力ですね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中