2020年 10月 25日 (日)

「半沢直樹」視聴率またまた更新、第5話25.5%に、絶好調で帝国航空編スタート

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   16日夜(2020年8月)に放送されたTBS系「半沢直樹」第5話の平均視聴率が25.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区世帯)だったことが分かった。第1話から人気はうなぎ上りで、5話連続の20%超え、第5話は自己最高を更新した。

   初回22.0%でスタートし、第2話22・1%、第3話23.2%。第4話は22.9%で微減となったが、第5話で盛り返した。

   第5話は、東京中央銀行の子会社から本店に復帰した半沢が、破綻寸前となっている帝国航空の再建を任されるところから始まった。現場を3週間見て回り、働く社員たちが誇りを持って仕事をしている姿に「自力復活は可能」と確信し、タスクフォースをつくって再建に乗り出している国交相・白井亜希子(江口のりこ)らと対決する展開だった。

  • 「半沢直樹」第5話の1シーン(番組ホームページより)
    「半沢直樹」第5話の1シーン(番組ホームページより)
  • 「半沢直樹」第5話の1シーン(番組ホームページより)

「関西は27%超え!」「スケールでかい」「胸がスカッとする」

   絶好調のニュースにネットでも毎回、「面白い」と称賛の感想が飛び交っている。

   「TBS日曜劇場「半沢直樹」第5話25.5% 流石...。周りの期待に応えきってのこの視聴率しかも余力たっぷり。第6話以降も数学は上がっていくでしょう。しかし、猿之助さんが居なくなると同じドラマがこんなにも違うものに見えるだなと...。猿之助さんが香川さんが交互に出て躍動感が生まれて大きな顔芸・共演者も爆笑するアドリブがザクザク生まれる。歌舞伎役者って凄い...。面白いことが出来ないと歌舞伎役者は勤まらないと市川猿之助さんが居なくなった第5話で改めて感じた」

   「関西では27%を超えたそうですね。さすがです!憎たらしい永田をぎゃふんと言わせたところが痛快でした。今回も憎々しい面々ばかりで半沢次長も大変ですね。過去最高に闇が深そうですし。昨日の放送回のMVPはやっぱり木滝機長かな。彼の協力は大きかった。やっぱり現場トップを味方につけるとスムーズに事が運ぶのは自分の仕事上も見習わないといけないと思わされます。次回もさらに楽しみになりました」

   「半沢直樹第5話観ましたー!スケールデカいですね、胸がスカッとしました。帝国航空にいる元バンカー永田の不正を暴き、帝国航空スタッフが動揺しました。まさか不正原因を炙り出す為に敏腕パイロットも味方につけるとは!」

   「タスクフォースの乃原リーダー、憎たらしいですねー。東京中央銀行は債権放棄しないって、これからどうなる?半沢さん。スパイラル瀬名社長、強い味方でした。過去の恩を忘れない精神、立派です。また女将と妻がコペルニクスで同じマカロンを買うのが、ウケました。金融庁の黒崎がどの場面で出てくるか楽しみです。早くつづきが見たーい」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中