2022年 9月 30日 (金)

「私の家政夫ナギサさん」ついに明かされたナギサさんの過去に号泣の嵐!「心の傷を癒してあげた後はいよいよ恋に発展か?」「多部ちゃんのゴルフウェア可愛すぎ!」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   多部未華子(31)主演のTBSドラマ「私の家政夫ナギサさん」の人気急上昇がとどまるところを知らない。第7話が18日(2020年8月)に放送されたが、平均世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は16・6%に達し、3週連続で番組最高記録を更新した。

   今回は、相原メイ(多部未華子)の計らいによって、ナギサさん(大森南朋)が謎だった過去を打ち明け、心のしこりに残っていた女性と再開を果たすという劇的な展開。ナギサさんが過去の傷を癒やし、涙を流すシーンが放送されると、ネット上では「ナギサさんの涙にもらい泣き。本当に感動した」「ナギサさんみたいな優しい人に一番幸せになってほしい」といった声があふれた。

  • よき上司と部下だったナギサさんとハシオさん(TBSの番組ホームページより)
    よき上司と部下だったナギサさんとハシオさん(TBSの番組ホームページより)
  • よき上司と部下だったナギサさんとハシオさん(TBSの番組ホームページより)

心のしこりに残っていた女性と再開を果たしたナギサさん

   物語は、前回病院で見かけた箸尾(はしお)玲香(松本若菜)という女性は、ナギサのMR(医薬情報担当者)時代の後輩だった。彼女は重要プロジェクトに抜擢された。しかし、仕事に打ち込むあまり、心身ともに追い込まれ、「すみません。もう無理です」と泣きながら会社を辞めてしまった。ナギサは「彼女はずっと助けを求めていたのに...すべて私の責任」と自分を責め、彼女のような働く女性をサポートできればと、家政夫に転職した。だからこそ、同じMRで仕事に熱心すぎるメイのことが心配で仕方ないのだ。

   一方、田所(瀬戸康史)との関係にも変化が。メイと田所は一緒にゴルフ練習場に出かける。そこで田所は、「あのグリーンに球を打ち込んだら、付き合ってほしい」と告白するのだが...という展開だった。

   ネット上ではこんな称賛の声があふれた。まず、多部未華子のゴルフウェアに胸キュンの声が上がった。

   「多部ちゃんのゴルフウェア、ナギサさんの号泣、トドメのハグ!と、いろいろな意味で、反則ワザ満載の回でしたね」

   「なんちゅうゴルフウェア着て練習場にいるのかと思ったが、多部さんが着るとメチャクチャ可愛いのにびっくりしたー!」

   今度はメイがナギサさんを癒してあげる番だったと、感激の声が多かった。

   「ナギサさんの心の足かせとなっていたものが解けて出た涙は、思わずもらい泣きしました。温かい気持ちになる、この1時間が好きです」

   「ナギサさんの涙に、いい人さと不器用さが凝縮されていた。そして、預かっていた手帳...普通なら中身を見てもおかしくないのにそれをせず、だからこそ感謝の想いがしたためてあることに気づかず、ずっと自分を責め続けていた。この展開に涙腺が決壊してしまった」

   「原作の漫画では、元々の仕事に加え、お母さんの病気のため会社に来られなくなったナギサさんの分の仕事も箸尾さんが抱えるという設定だったと思う。結果、自殺未遂そして鬱病...という内容だったが、ドラマでは別の展開になって、それはそれでよかった」

「ナギサさんのような素晴らしい上司はなかなかいない」

   「ナギサさんのような上司はなかなかいない。いまは自分がなんとか生きようとする保身者が多いから。このドラマでは皆が助け合っている点も見ていて気持ちがいい。私たちが憧れるビジネススタイルなのでしょうね」

   「同感です。自分もナギサさんと同じ前職は大企業のMRでしたが体調を崩し退職しました。今じゃパートです。誰もが履歴書を見てビックリしますが、歳を重ねたら大企業に勤務していようが、再就職はなかなか難しい。でも今はやりがいのある仕事なので、毎日が気楽で楽しいですけど」

   ハシオさん役の松本若菜も含め、脇役陣の演技が素晴らしいという声が多かった。

   「7話も楽しませてもらいました!多部ちゃんのウナギのフライ。高橋メアリーの瀬戸さんと多部ちゃんへの聞こえる声出し指示。瀬戸さんのゴルフショットの際、違う球の邪魔と気付くと多部ちゃんは後ろ向きで電話中。多部ちゃんの瀬川への人探しの似顔絵...。観ていて飽きないドラマは久しぶり。最後のハグは、『逃げ恥』のミクリとヒサマサさんの火曜日のハグ?と思ってしまった」

   「眞栄田郷敦のハルト君がいい味出しています。前作のラガーマンも良かったし、シリアスでもコミカルでも上手く演じている。兄より才能あるかもネ」

   「ハルトくん、いい子ですよ。動画『わたしの部下のハルトくん』を見ると、さらに好感度あがりますので見てほしい!」

   「箸尾さんをナギサさんの家に連れて行った時、『メイさん、やりすぎ!』と思ったのですが...。そして『幸せであること』を告げた箸尾さんも、告げられたナギサさんも救われた。メイさん、やはりデキル女だ!瀬川くんもグッジョブ!まんまと泣かされてしまいました。しかし、心地よい涙だった。あいみょんの曲も沁みるのよなー」

   「ハシオさん役の松本若菜さん、自然体でキレイな人だなあと思ったら、麒麟がくるで、竹千代の母親役で出ていましたね。着物も雰囲気と合っていて、静かな強さと母性を秘めた演技が鮮烈な印象でした。これからどんどん目立つ役をやっていきそうで、久しぶりに楽しみな女優さんを見つけました」

「メイちゃん、肥後先生と田所さん早く振ってあげて」

   そして、今や四角関係になった恋の行方もいよいよ絞られてきたようだ。

   「これで、ナギサさんのトラウマも解消されたし、メイちゃんが新たな感情に気が付いたから、ラブコメとしてはナギサさん、田所さん、肥後先生の誰を選ぶのか、いよいよ本番になってきたね」

「メイちゃん、肥後先生を早く振ってあげてほしい。気がないのに引っ張るのはよくないと思う」

   「田所さん告白したけど、スゴイ放置されて...彼の家もゴミ屋敷っぽいですね。2軒まとめてナギサさんの出番ですかね」

   「田所さんがメイから全く相手にされていないのが笑えます。田所さんってはじめは超高スペック人間の雰囲気をかもし出していたけど、仕事以外では結構空気の読めない発言が多いし、汚部屋疑惑もある。ナギサさんに向かって『あなたは誰ですか!』の物言いもすごく失礼。田所さんも引っ張るのよくないよ」(テレビウォッチ編集部)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中