2020年 10月 24日 (土)

直立姿で一世風靡・レッサーパンダ「風太くん」のいまは? あれから15年、もう立たないけどとっても元気...子孫46頭の「ビッグダディ」に!

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   新型コロナウイルスの影響で同僚や友達と顔を合わせて話す機会が減った今、行き場を失った「どうでもいい話・雑談」を視聴者から募るコーナー「わたしのニュース」に、千葉市動物公園からもニュースが寄せられた。

   2005年、背筋を伸ばして立つ姿が「人間が着ぐるみに入っているようだ」などとして話題になったレッサーパンダの風太くんが、この動物園でまだまだ元気に暮らしているという。

今年7月で17歳に...人間でいうと85歳くらいの高齢

   飼育員の岡部千裕さん「風太は立たなくなりましたが、とっても元気です。当時(2005年)2歳だった風太は、今年(2020年)の7月5日で17歳になりました。人間でいうと85歳くらいの高齢にあたります。ブームの時はまだ若く好奇心旺盛だったため、周りに興味津々でよく立ち上がっていたんです。最近は歳を取ってゆっくりと休んで過ごす時間が長くなりました」

   博多大吉キャスター「風太くんから15年経つんだね。お客さんも驚くんじゃないですか?風太くん、お元気なんだって」

   岡部さん「もう死んでしまっているんじゃないかと思っているお客さんもいると思うんですが、まだまだ元気ですよ。風太には、子供、孫、ひ孫、玄孫まで、全部で46頭が全国の動物園で暮らしています」

   大吉キャスター「風太くん、ビッグダディじゃん!」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中