2020年 10月 25日 (日)

三浦春馬さん、生前最後の「世界はほしいモノにあふれてる」...笑顔のスローモーションに号泣の渦!「大好きだった『日本の道具』だから生き生きとしている!」。来週は総集編「感謝祭SP」を放送

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   三浦春馬さん(享年30)がMCを務めたNHK紀行番組「世界はほしいモノにあふれてる」の生前に収録した最後「JAPAN!究極の『台所道具』」が27日(2020年8月)に放送された。番組の最後、三浦さんの笑顔が約10秒間スローモーションになり、語りを務める声優・神尾晋一郎の「三浦さん、ありがとうございました」という追悼ナレーションが流れると、ネット上では号泣の声があふれた。

   NHKでは来週9月3日に番組の2年半の歩みを振り返る総集編「感謝祭SP」を放送し、三浦さんとJUJUのスタジオの名シーンもよみがえらせる。

  • 三浦春馬さんへの感謝をつづったNHKの公式ツイッター
    三浦春馬さんへの感謝をつづったNHKの公式ツイッター
  • 三浦春馬さんへの感謝をつづったNHKの公式ツイッター

愛用の器を手に「漆の命を頂いて器に施す。素晴らしいです」

   この日のテーマは、三浦さんが自ら希望したという「JAPAN!究極の台所道具」だった。最後に取り上げた南部鉄器に、JUJUが「ラタトゥイユ(フランスの郷土料理、夏野菜の煮込み)が入っていると思います?」と言うと、三浦さんは「確かに。ハイカラすぎる」と満面の笑みを浮かべた。これがストップモーションになり、追悼ナレーションが流れたのだった。

   NHKは番組終了後、公式ツイッターに「三浦春馬さん。愛用の器を手に『漆のいのちを頂いて、器に施す。そのいのちは、器の中で生き続ける...と職人さんから聞き、素晴らしいストーリーだと思いました』と語ってくださいました。美しい旅をくれた三浦春馬さんに、心からの感謝を込めて」とつづった=写真参照。

   ネット上ではこんな哀悼の声があふれている。

   「春馬さんは、20代もどんどんと人として美しくなって行った人だった。感性豊かで、色々な美を感じられる人、そしてまっすぐに努力して自分のものにしていける人。そういう春馬さんのフィルターを通した物や言葉や空気は、なんだか全てがキラキラとして美しく思えた。初回からの再放送、そしてぜひDVD化もして欲しいです」

   「初めて番組を観ているが素敵な番組。もっと早く観ればよかったと思った。春馬さん最後の収録と聞くと春馬さんが亡くなったと実感するがただただ残念。改めてご冥福をお祈り致します」

   「最後の収録のテーマが『日本の台所道具』。春馬くんが、すごく活き活きして興味を持っている姿が印象的でした。笑顔もたくさんで。日本が舞台なのは嬉しかったんじゃないかな。JUJUさんの誕生日に、春馬くんからプレゼントされた茶筒、素敵でした。2人のやりとりを見ていると何とも言えない気持ちになります。もっとお2人と、神尾さんのほんわかしたやりとりを見ていたかった。今回が春馬くんの最後の収録なのが本当に悲しいし、涙が出てきます。春馬くんは、外見も内面においても全てにおいて美しく素晴らしい人間性を持った方だなと再認識しました。とても会いたくてたまりません」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中