2020年 10月 25日 (日)

ギョーザと言えば宇都宮か浜松ですが...「売り上げ日本一」をめぐる戦いに思わぬ伏兵、宮崎が無欲の勝利!その理由は?

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   「2位じゃダメなんです」というから、スーパーコンピューターの話かと思ったら、ギョーザのお話だった。ギョーザの売り上げ日本一は、これまで宇都宮市と浜松市が激しく競ってきたのだが、2020年の上半期の結果が出たら、何と伏兵の宮崎市がトップに。

   1世帯あたりのギョーザの購入額日本一はこれまで、2015年浜松、16年浜松、17年宇都宮、18年浜松、19年宇都宮ときていたが、20年上半期を制したのは宮崎だった。2位が宇都宮で、浜松は4位。

宮崎市「2大巨頭を抜くなんて夢にも思いませんでした」

tv_20200903130336.jpg

   この結果に宮崎市観光協会は「いやいや驚きました。無欲の1位。2大巨頭を抜くなんて夢にも思いませんでした」と謙虚だ。宮崎グルメといえばマンゴーなどで、ギョーザは入ってこない。それが緊急事態宣言で異変が起こったという。

   総務省の家計調査でも、宮崎は3月から急に伸びて、6月までの4カ月は、完全に宇都宮、浜松を抑えていた。「外出を自粛して、家でギョーザを食べるようになった。お持ち帰りの専門店『ぎょうざの丸岡』です」(焼き餃子協会)という。

   お取り寄せグルメランキングで1位。1日に約30万個を生産するそうだ。40個入り1040円(税込)、50個入り1300円(同)で、市民に聞くと「月に3回」とか「週1ですね。4人家族で1人10個ずつ」とか。宮崎餃子の特徴は、質のいい新鮮な食材だという。

   高木美保(タレント)「やられた。私はいつも栃木です」

   司会の羽鳥慎一「(宮崎は)全然イメージないですよね。3位くらいには入っていた?」

   野上「3位ではあったんです。それが一気にトップに躍り出た」

   宮崎でも、ギョーザ戦争はあったという。1960年代から70年代、お隣の高鍋市で「餃子の馬渡」と「たかなべギョーザ」が激しく戦ったことで、人口わずか2万人の町に18もの店が乱立。コンビニが9店舗というから激しい戦いだった。そして89年、「ぎょうざの丸岡」が登場して、「うまい」「安い」で戦いを制した。

   で、追い越された元王者、宇都宮餃子会は「全国的に餃子の街として知られているので、何もいうことはない」という。

   高木「栃木県民は我慢強い」

   一方4位に沈んだ浜松餃子学会は「驚いてショックだった」と悔しさを隠さない。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中