2020年 12月 1日 (火)

<エール>(第68話・9月16日放送)
弟子入りした五郎は自分の才能のなさに落ち込む。梅には「鎧に閉じこもっている」と言って逆に怒らせるてしまうが...

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   古山家に居候して作曲家を目指す田ノ上五郎(岡部大)は、奉公先を飛び出して、古山裕一(窪田正孝)に弟子入り許されたが、自分の才能のなさに今更ながら気づいて落ち込む。

   裕一「頭じゃなく心で感じることが大事」

   作曲のコツを五郎に教える裕一。

   五郎は思いを巡らして作曲に挑戦をするが、書いても書いても自分が以前聞いたことがある曲に似てしまって、なかなかうまくいかない。

   五郎「あー・・・ダメだ」

梅「私は文学さえあればいいんです...」

tv_20200914132340.jpg

   一方、裕一の妻・古山音(二階堂ふみ)の妹で新人作家ある関内梅(森七菜)は、古山家に居候して二作目を執筆中。締め切りに向けて原稿用紙に向かうが何も書けない日が続いていた。

   ある日、五郎が悩んでいるところへ梅がお茶を持っていく。

   梅「なにか悩んどるの?」

   五郎は、曲が書けないことを打ち明けると、梅は幼馴染で梅よりも先に有名作家になった幸文子のことを思いながら、自分の思いを話し出す。

   梅「私も幼馴染に負けまいと頑張ってきた。でも、人づきあいが苦手で・・・。私には文学さえあればいいんですけど・・・」

   そんな消極的な梅に対して五郎が応える。

   五郎「鎧のなかに閉じこもっている」

   すると音は怒って部屋から出て行ってしまう。

   (NHK総合9月16日あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中