2020年 10月 26日 (月)

下手なお笑い番組よりめっぽう面白かったぞ!米大統領選TV討論会、史上最低の泥仕合に

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   11月の米大統領選挙に向け、初のTV討論会が9月29日(2020年)夜に行われた。テーマを追って、互いに意見を述べ合うはずが、トランプ大統領(共和)がのべつまくなしに口を挟んで、バイデン元副大統領(民主)もこれに応じて、完全な泥試合に。ただし、とにかくめちゃくちゃで、めっぽう面白かった。

   ざっとこんな具合だ。

バイデン「上院議員に意見を伝えて、今すぐ投票して......」
トランプ(割り込んで)「裁判所を抱き込めるのか?」
バ「上院議員に意見を......」
ト「私の質問に答えたくないんだ」
バ「答えるつもりはない」
ト「どうして? 裁判所に判事を増やしたいんだろ」
バ「おい、黙ってくれ。それが大統領がすることか」

米メディアは「どっちも勝っていない」

tv_20201001115747.jpg

   ついには、罵り合いになってしまった。

バ「(トランプ氏の10年分の所得税未納疑惑で)この男が納めた税金は、合計750ドル(8万円)だ」
ト「違う。数百万ドルも納めてきた。新聞記事によれば、3800万ドルとも2700万ドルとも」
バ「納税申告書を見せればいい」
ト「手続きが終われば、すぐに見せてやるさ」「節税できる法律を作ったのは、あいつ(バイデン氏)だぞ」
バ「私は減税を廃止するつもりだ。支援を必要とする人に回す」
ト「25年間、どうしてそれをやらなかったんだ?」
バ「あなたは大統領として、何もかも台無しにした」
ト「そっちは上院議員で......」
バ「そっちは史上最低の大統領じゃないか」

   司会者が割って入っても、トランプ氏が聞かない。バイデン氏はとうとう「このピエロ」とまでいった罵り合いの1時間30分を、現地メデイアは「カオス」と評した。

   そもそもは、最高裁判事の選定、新型コロナ対策、人権と暴力問題などのテーマで討論の予定だったが、元々意見が真っ向から食い違う上に、トランプ氏の妨害発言でまさにカオスに。で、その軍配はというと、CNNの調査では、トランプ氏28%、バイデン氏60%だった。

   司会の羽鳥慎一「これはCNNの数字で、メディアによっては、どっちも勝っていないともいう」

   高木美保(タレント)「最大の敗者は米国民だと。トランプ大統領は事実誤認がすごく多い。議論の仕方も子供以下だと笑ってしまいました」

   テレ朝コメンテーターの玉川徹「これがどれだけ選挙に影響するのかはわからないが、アメリカが尊敬できない国になってきている」

   討論会はあと2回行われる。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中