2020年 10月 27日 (火)

島根の鶏卵生産者おすすめ「ゆで卵」ならぬ「蒸し卵!」白身が「こんにゃくゼリー」みたいなプリプリ食感に

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   リモート旅企画「みんなでシェア旅」で、島根・雲南市の鶏卵生産者がおすすめの卵の食べ方をシェアした。雲南市は昭和初期から養鶏が盛んで、県内有数の卵の産地。年間5000万個の卵を出荷しているという。

   生産者の堀賢一さんが教えたのが、「ゆで卵」ならぬ「蒸し卵」。極上のプリプリ食感が味わえるのだそう。

大学で実験!ゆで卵より蒸し卵の方が白身の弾力が強かった

   鍋で沸騰させた湯の中に、土台となる陶器を上下逆さに入れ、その上に卵を入れる陶器を重ねる。陶器の中に卵を入れたら、ふたをしてすぐ弱火にする。

   堀さん「お好みによって、半熟がよい方は8分、固い黄身がよい方は15分程度、このまま蒸してください」

   中原真吾アナウンサー「東京家政大学の峯木眞知子教授に、ゆで卵と蒸し卵の違いについて実験してもらいました。すると、蒸し卵の方が白身の弾力が強いということがわかったんです。機械で圧力をかけたときに、はね返す力が蒸し卵の方が強かったという数値が出ました。他の食べ物で例えて言うならば、蒸し卵がこんにゃくゼリー、ゆで卵が寒天とお話ししていました」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中