2020年 10月 25日 (日)

なんと、歩道を平然と走る軽自動車‼ 相模原の市街地で歩行者驚愕、高齢ドライバーが迷い込み2周してしまった...

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   神奈川県相模原市緑区で9月8日(2020年)、79歳の男性ドライバーが人や自転車が行きかう歩道を車で走る危険映像が撮られた。現場は公園を中心に高層マンションや区役所庁舎、商業施設が混在するエリアで、白い軽自動車が2周(1・6キロ)していた。

ドライバーは「途中で気づいたが、ガードパイプで出られなかった」

tv_20201014110805.jpg

   途中にある交差点の防犯カメラがとらえた映像を、番組が入手。車は画面からいったん消え、4分後にまた現れて、もう一周した。間近にいた人は「歩行者や自転車が通る中を、白い車が30キロ弱で並走していたので驚愕した」。他の目撃者は「マンションの敷地を通り抜けて来た。40から50キロは出ていたのじゃないか」と話した。歩道はほとんどが幅4メートルだが、バス停などのため2メートルと狭い場所もある。車の幅は1・48メートルだった。けが人はなかった。

   田中良幸リポーター「79歳の男性は道に迷い、途中で気づいたが、ガードパイプで出られなかったと話したそうです」

   男性は違反切符を交付され、反則金を納付し、家族に説得されて免許証を返納したという。

   司会の小倉智昭「なんで2周したのか、わからないなあ。ご高齢だから、いろんな要素が絡むのだろうな」

   古市憲寿(社会学者)「15歳以下はどんなに運転がうまくても免許をとれない。年齢上限の議論もあっていいのではないですか」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中