2020年 11月 29日 (日)

<ブイ子のバズっちゃいな!>(テレビ朝日系)
中国の動画配信サイトでバズれるか? 右も左もわからない小峠とVTuberブイ子が、番組で制作した動画をアップするが...

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   テレビ朝日が月~金の深夜にバラエティーの新番組14本をスタート。同局の若手プロデューサー、ディレクターによる20分の実験番組が総登場する。さまぁ~ず、くりぃむしちゅーらベテラン芸人からお笑い第7世代の代表格EXIT、新日本プロレスのレスラーといった変わり種にももいろクローバーZらアイドルまで幅広く起用。ゴールデンタイム目指してとっておきの新企画で勝負していく。

   とはいえ内輪だけで盛り上がりがちな内容が目立つ中、頭一つ抜け出しそうなのがこの番組だ。出演はバイきんぐ小峠英二。進行役はアニメで登場のVTuberブイ子。2人が中国最大級の動画配信プラットフォーム「bilibili」で公式アカウントを開設、番組で制作した動画をアップして、世界的な人気者を目指す。

   右も左も分からない2人が教えを乞うのが、「bilibili」でフォロワー数260万人、総再生回数13億回超を誇るクリエーターの 山下智博さん。中国でバズる動画を徹底リサーチして日本人トップに登りつめたその極意を小峠に伝授する。同放送は、SNSやネット配信と連動、地上波の放送を見逃した人はもちろん、おこもり生活で無料動画の面白さにハマった人を狙い撃ちするよう計算されて作られている。

  • (画像は動画配信プラットフォームTELASA 公式サイトより)
    (画像は動画配信プラットフォームTELASA 公式サイトより)
  • (画像は動画配信プラットフォームTELASA 公式サイトより)

中国で人気だった動画「池の水を全部抜く」から傾向と対策を練る

   初回放送では、中国で100万回以上の再生回数を記録した動画2本から傾向と対策を練っていった。165万回超動画は「池の水全部抜く」中国版。磯の水を全部抜き、ネコザメやハモ、シャコなどをゲット。調理して食べるまでをリポート。人力で水を抜いていく昔ながらの伝統漁法に、「無理、無理、絶対無理」と否定的な小峠だったが、その日の夕飯として夫婦揃って食卓を囲むほのぼのとした内容に目を丸くしていた。BGMなし、言葉が全く分からなくても、目を引き付けられる画力の動画に唸りまくっていた。

   料理動画は人気が高く、珍しい食材を使ったものがウケるという。再生回数296万回超の動画は、市場で魚をウンチク入りで紹介した後、ハルカゼヤシガイという10キロ超の巨大な貝をさばいて、味付け、食べるまでを紹介。デカいわりにはまずかったらしく、調味料がうまいと自画自賛して終了。海鮮料理動画がウケるのは、中国内陸部に住む人々は海を見たことがなく、新鮮な海産物を食べたことがないため、注目度が高いからと分析。なるほど。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中