2020年 11月 27日 (金)

大麻検挙者20代が最多! 東海大野球部だけじゃない日大、近大でも。SNSで簡単に手に入る恐ろしさ...

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   キャスターの水卜麻美アナが「NEWSミウライン」コーナーで、若者に大麻が蔓延している背景を取り上げた。「名門・東海大学硬式野球部の学生寮で、複数の学生が大麻を使用した疑いがあることがわかりました。大麻所持で検挙される若者層が増えています」という。

   東海大野球部はプロ野球・巨人の原辰徳監督、菅野智之投手らを輩出してきた。内山秀一部長によると、「部員が大麻を使用している」という電話があり、警察と相談して学内調査を進めると、複数の部員から使ったという申し出があったという。

SNSの隠語で大麻は「野菜」、直接届けること「手押し」

tv_20201019131100.jpg

   東海大に限らず、大学の運動部員の間でどうやら大麻がはやっているらしい。今年1月(2020年)には、日本大学ラグビー部、今月5日には近畿大学サッカー部で、大麻が使用されていたことが明らかになっている。警察庁のデータでも、10万人当たりの大麻検挙者数は20代が最も多い。

   これについて、元麻薬取締官の髙濱芳治氏はこう解説した。「SNSで簡単に手に入るようになったんです。手ごろな値段で。隠語でやり取りするので、罪の意識も薄れています」

   大麻は「野菜」、直接届けることを「手押し」というのだそうだ。「野菜、手押しで」というのは、「大麻を直接会って売ります」という意味になる。

   東海大野球部は首都リーグの出場を辞退、部活動を無期限停止にした。橋本五郎(読売新聞特別編集委員)は「ほかの部員にどれだけ迷惑をかけたことか」とため息をついた。

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中