2020年 11月 26日 (木)

〈エール〉(第93話・10月21日水曜放送)
裕一は恐怖と闘いながら「鐘の鳴る丘」の主題歌を完成させた。ラジオドラマは戦争で傷ついた人たちの心を勇気づけ大ヒットした

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   1年半が過ぎた。古山裕一(窪田正孝)は、まだ戦場で見た光景の影響で曲が書けないでいた。

   NHKでは、職員の重森正(板垣瑞生)が、劇作家の池田二郎(北村有起哉)のラジオドラマの放送が決まったことを、池田に知らせた。

   重森「歴史に残る作品にしましょう」

   池田「ならば、あいつが絶対必要だ」

音は「鐘の鳴る丘」の脚本を読み涙ぐんだ

tv_20201016143911.jpg

   池田は、再び裕一を訪ね、ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の音楽を依頼した。戦争の悲劇からの復活を真っ向から描くこのドラマの主題歌を書けるのは、裕一しかいないと熱く裕一を説得した。

   裕一は、戦争中に自分がしたことに責任があるといって断ろうとする。

   裕一「すみません。もう、音楽が思い浮かばないんです」

   池田「苦しんでいる子供たちを励まして欲しい」

   池田は、自分が書いた主題歌の歌詞を置いていった。音が「鐘の鳴る丘」の脚本を読んで涙ぐんだ。ついに裕一は言った。

   裕一「苦しいかもしれないけど、やってみるよ。この歌詞を見て一瞬だけメロディーが降ってきた」

   そして、裕一は書斎にこもって戦争の恐怖と闘いながら五線譜に向きあった。幾日か過ぎた朝、音が突っ伏している裕一を起こそうとしたとき、裕一の曲が完成していることに気づく。

   1947年(昭和22年)7月、ラジオドラマ「鐘の鳴る丘」の放送がスタート。戦争で傷ついた人たちの心を勇気づけ大ヒットを記録した。

(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中