2020年 11月 25日 (水)

玉川徹、経験した飛行機搭乗のルールに「アナウンスが足りない」と不満さく裂! 順番守らぬとケンカする人も...

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   遅い夏休みを取っていた玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)が戻ってきて、「飛行機、混んでましたね」と報告する。釣りに行って、鯛を釣ったらしい。けさ21日(2020年10月)の羽鳥パネルは「コロナで激変 航空業界大赤字」がテーマだったが、盛り上がったのは、玉川の「新型コロナウイルスの感染防止のため、飛行機の搭乗や降りるときのルールが大きく変わっていた」という話だった。

   玉川「全日空だったんだけど、6つのグループに分けられて、後ろの方から機内に入れていく。それも、窓側、中央、通路側と分けられるんです。でも、ちゃんとアナウンスがないから、どういうルールなのかわからない。僕は前方の窓側だったから、6つの中の4番目のグループだったんですが、行ってみるともう5人ぐらいが座っているんです。順番を守らない人がいるんだと、イラっとしましたよ。他の人も同じように思っていたらしく、降り際にケンカになって、警察官まで来ました」

感染防止で乗り方も降り方も以前と違う! 知らない人が多いぞ

tv_20201021125844.jpg

   旅行アナリストの鳥海高太朗氏が解説した。「一番最初に乗るのは後方席の窓側で、2番目のグループが中間席、グループ3が通路側になります。そのあと、前方の窓側、中間、最後のグループ6が前方通路席となります」

   玉川は「僕が行ってみたらもう座っていた5人というのは、それとは別に、『オレ、プレミアムなんだからな。高い金払ってんだよ。なんで最後なんだよ』という人たちだったんですね」と納得いかない様子だ。

   鳥海「そうです。プレミアムクラスも通路側だったら、6番目のグループのはずなんですけどね。降りるときも前方の座席1番から10番の方がまず降りてください、それまでは荷物を取らないでくださいというルールなんですけど、立ち上がってしまう方もいますね」

   玉川は「いました。いました。でも、『まだです』と言わない。アナウンスが足りませんよ。乗り方も降り方も以前と違うということを知らない人が多いんですから」と、不満そうだ。

   鳥海「たしかに、便によってはそういうことがありますね」

   さらに、マスクしないと下ろすなんて騒ぎが起こるかもしれない。コロナ禍では飛行機に乗るのにもストレスがたまる。

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中