2020年 11月 27日 (金)

「フロリダの結果次第」と番組が手ぐすね引いた速報、大接戦でコロコロ変わる! 米大統領選、テレ朝の「世界一速い当確」ならず

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   「アメリカ大統領選挙の投票が間もなく終わります。開票結果と最新情勢を速報でお伝えします」――司会の羽鳥慎一が勢い込んで番組を始めた。「モーニングショー」は、最も早く開票が始まる大票田のフロリダの結果次第で大統領選の勝敗が見えると、ここに注目ポイントを絞っていた。バイデンがとれば大統領選はバイデンの勝ち、トランプがとれば再選の可能性が出てくるからだ。

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)も「まずは、フロリダですよね」と言い、アシスタントの斎藤ちはるアナは「バイデン候補はフロリダで勝てたら私の勝ちだと述べ、フロリダ州がカギだという見方を述べました」と伝える。番組としては、フロリダの開票速報を受けて、世界で最初に「バイデン当確」を打とうと手ぐすねを引いていたのだ。

「あと10分」「10分以内に」カウントダウンもダメだった...

tv_20201104132703.jpg

   羽鳥が「9時半ごろにわかるんじゃないかということです」と引っ張り、その後も「あと10分ちょっとですね」「10分以内に」とカウントダウンが始まった。そして、9時31分。バイデン49%、トランプ51%とトランプ優勢の速報が入る。予想以上の接戦で、まったく予断を許さない。9時48分になるとバイデン50%、トランプ49%と逆転したが、直後に50%ずつで並んでしまう。これでは、フロリダの「勝敗」の予想も付かない。

   羽鳥は「番組中でもころころ変わっています」と焦りはじめ、解説ゲストの国際教養大大学院の小西克哉・客員教授は「まあ、バイデンがいま取ったら、ゲームオーバーな雰囲気になっちゃうし...」と負け惜しみ。玉川は「このまま接戦でいくじゃないですかね」とあきらめ顔だ。

   結局、エンディングまでにフロリダの結果は決まらず、「このあとの『大下容子ワイド!スクランブル』で速報をつづけます」(羽鳥)ということになってしまった。その「ワイド!スクランブル」にもフロリダの結果はなかなか入ってこない。米国政治・選挙のプロも驚く大接戦で、テレビ朝日の「世界一早い当確」狙いはうまくいかなかった。

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中