2020年 11月 24日 (火)

<エール>(第115話・11月20金曜放送)
華とアキラが急接近! でも、父・裕一はロカビリー歌手をどう思うか...言い出せずにいると、裕一が胃潰瘍を患いアキラと同室に入院することに

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   古山華(古川琴音)は、リハビリに励むロカビリー歌手の霧島アキラ(宮沢氷魚)に熱心に寄り添った。その結果、2人は急接近する。

   アキラ「華さんのお父さんって、有名な作曲家なんだってね。会ってみたいな」

   華「会ってどうするんですか?」

   アキラ「娘さんをくださいって言うの」

   浮かれた華の様子を見て、音(二階堂ふみ)はピンときた。娘の恋を応援したいが、聞くと相手はロカビリー歌手だという。真面目な裕一(窪田正孝)が認めるかが不安だった。何気ないフリをして裕一にロカビリーを聞かせてみたものの、反応は芳しくない。

2人の関係に気付いた裕一はアキラに難題を課す

tv_20201118151957.jpg

   そんな折、多忙な毎日を送っていた裕一が胃潰瘍で倒れる。運び込まれたのは華が働く病院だった。手術を受けた裕一は1か月ほど入院することになった。病室はなんと、アキラと一緒だ。

   手術を受けたばかりの裕一にいきなりアキラを紹介することはできない。華は必死に2人の関係を隠そうとし、アキラもとっさに自分の職業をとび職人と偽ってしまう。だがアキラの退院日、裕一は2人のウソに気づいてしまう。

   裕一「華はアキラ君のことが好きなのか?」

   華「私は結婚を前提にお付き合いしたいと思っています」

   裕一「彼に伝えてくれ。1曲、華のために書いてくれって。華への愛情も音楽への愛情も、どちらも見極めたい」(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中