2021年 10月 18日 (月)

<おちょやん>(第1話・11月30日月曜放送)
貧しい農家に生まれた千代は、飲んだくれの父と弟と3人で暮らし、小学校にも行けなかった。8歳になったある日、父が新しい母を連れてくるのだが...

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   大正5年。竹井千代(毎田暖乃)は大阪の南河内で貧しい農家の家に生まれた。幼い頃に母を亡くし、飲んだくれの父・竹井テルヲ(トータス松本)と弟・竹井ヨシヲ(荒田陽向)と三人で暮らしていた。

   養鶏で生計を立てている父・テルヲは、鶏の世話や家事も千代にまかせっきりで、駄目な父親だった。弟のヨシヲは、いつもおなかをすかせていた。亡くなった母親のことは幼かったために覚えていない。千代は口が達者な元気な女の子だったが、父の留守中は、母親代わりになって小さい弟の面倒を見ながら、生活のために鶏の世話をしなければならなかった。

裕福な家庭の多い地域で、近所の子どもにも陰口をたたかれ

   千代の暮らす地域は、裕福の家庭が多く、子どもたちは食べ物に困ることなく遊びまわっていた。この頃には義務教育が始まり、本来なら子供は12歳まで学校に通わなければいけなかった。授業料が無償化になり98%の子どもが学校に通っていたが、千代は小学校にも通えないでいた。

   千代「学校に通いたい」

   隣近所の子どもに陰口を叩かれる日々のなか、千代は学校に通う夢をもっていた。

   千代が8歳になったある日、父・テルヲが新しい妻・竹井栗子(宮澤エマ)を連れて帰ってきた。これで小学校に通えると喜ぶ千代だったが...。

(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中