2021年 12月 2日 (木)

「安い・早い・気軽」なPCR検査施設が東京・新橋駅前に 費用2900円(税別)結果は翌日メールで

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京・新橋駅前に、「安い・早い・気軽」なPCR検査施設がオープンし、岸本哲也リポーターがさっそく出かけた。「SL広場から徒歩1分の新型コロナPCR検査センターです。民間の施設で完全予約制。検査費用は2900円(税別)で、結果は翌日にわかります」

   受付でスマホの予約画面を提示すると、検査キットを渡され、「採取ブースで唾液をお採りださい」と指示される。ブースは選挙の投票所のような作りになっていて、ここで唾液を専用容器に採る。唾液が良く出るように、レモンや梅干しの酸っぱそうな写真を貼っているのがご愛敬だ。

   岸本「唾液の入った容器を受け付けに渡してきょうは終わり。早いですね、ほんの数分です」。翌日、検査結果がメールで届く。

   司会の小倉智昭「とうとう、ここまで安くできるところが出てきたんですね。それも駅前で」。たしかに、一般的な検査は健康保険適用でも1万8000円だから、かなり安い。

公的な陰性証明にはならず

   山崎夕貴キャスター「ただ、医師の診察がありませんから、公的な陰性証明にはなりません。証明が必要な人は、6000円をプラスすると医師によるオンライン診断が付き、郵送で公的な検査証明書が届きます。また、発熱などがあるとか、濃厚接触者については、検査をお断りして、医療機関での受診をすすめる可能性があるとしています」

   運営しているのは、病院や建設業、抗菌サービスなどを経営している医療法人で、小倉は「信頼性はどうなんでしょうかねえ」と昭和大医学部の二木芳人・客員教授に聞く。「検査キットなどはしっかりしたものを使っているので、信頼性は大丈夫だと思います。あくまでも陰性を確認するためのものなので、陽性と出た時はバタバタするでしょうね」

   スペシャルキャスターのカズレーザー(タレント)「大きなイベントに行った後、大丈夫かなという不安を解消するために受けるというのでもいいわけですよね」

   予約が殺到しそうだ。

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中