2021年 10月 19日 (火)

<この恋あたためますか/第8話>(TBS系12月8日火曜放送)
社長を解任された浅羽とスイーツ課社員の樹木は商品を満載した移動販売車『コンビニカー』で停電した軽井沢町の避難所に駆け付け、真っ暗な中で不安な夜を過ごす被災者たちに喜ばれるが...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   コンビニチェーン「ココエブリィ」社長を解任された浅羽拓実(中村倫也)と商品部スイーツ課社員・井上樹木(森七菜)は、商品を満載した移動販売車『コンビニカー』で停電した軽井沢町の避難所に駆け付け、真っ暗な中で不安な夜を過ごす被災者たちに喜ばれた。コンビニカーは浅羽が発案し、ココエブリィ創業者の孫で筆頭株主・清水香織(笹本玲奈)が出資した新事業だ。

    TBS「この恋あたためますか」番組公式サイトより

   このコンビニカーがSNSで大きな話題となっていることに、浅羽の社長解任を画策して専務から社長代理に就任した神子亮(山本耕史)は面白くない。

   軽井沢から戻った樹木は、スイーツ開発担当のパティシエ・新谷誠(仲野太賀)と交際を始め、幸せな時間を過ごしていた。

   だが、そんなある日、スイーツ課課長・三田村敦史(佐藤貴史)が樹木の新スイーツ企画書を「会社の方針と違う」と問題にし、樹木はスイーツ開発担当から外されてしまった。神子が浅羽への腹いせに、かつて自分に公然と反発した樹木を標的にしたのだ。

一緒にコンビニを作ろうと樹木を慰める浅羽

   落ち込む樹木に、浅羽は「俺が作りたいコンビニを、一緒に作ってくれるんだろ」「キミがスイーツを作って、オレが売る」と声をかける。浅羽の恋人でスイーツ課社員・北川里保(石橋静河)は、そんな浅羽を見て、浅羽はやはり樹木が好きなのだと確信した。

   一方、樹木が浅羽への断ち切れない思いを、以前にバイトをしていた上目黒店の店長・上杉和也(飯塚悟志)に打ち明けると、上杉は「幸せだね、そんなに誰かを好きになれるなんて」と諭す。

   樹木のおかげで『コンビニ愛』『スイーツ愛』に目覚めた浅羽は、果たしてココエブリィ社長に返り咲くことができるのか? そして、もどかしい恋の4角関係もいよいよ大詰めに向かって動き出す。(よる10時放送)

寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中