2021年 5月 8日 (土)

「ケチ宮」と呼ばれる二宮、人格形成には母親の「ストレスより金貯めろ」の教育方針が...ジャニーズ入ったのも「オーディション行ったら5000円あげる」がきっかけだ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「嵐にしやがれ」(2020年12月5日夜9時~・日本テレビ系) 嵐メンバーの過去を振りかえる「記念館」シリーズの第3弾。「二宮和也記念館」の登場だ。冒頭紹介されたのは、二宮の母親の教育方針。「ストレスためるより金貯めろ」である。内気でおとなしい二宮少年の心に深く刻まれ、後にケチ宮と呼ばれる人格を形成していくことになった。

   ジャニーズ事務所入所のきっかけは、「オーディションに行ったら5000円あげる」と母親に言われたからだ。「野球をやっていて。野球の試合と重なったけど、親が『あんたがそうやって査定してもらうことなんて、なかなかない経験だから、5000円あげるから行きなさい』って言われて」オーディション会場に向かったという。

   金にシビアな二宮少年は、5000円につられての物見遊山気分。当然踊りもせず座ったまんま。まるでやる気のない二宮を不思議に思ったジャニー喜多川氏が質問。すると「俺はここに来たらゴールだから、気にしないでくれ」とまるで相手にしなかったそうだ。にもかかわらず合格。ジャニー氏はどんな時でも誰に対しても臆することのない二宮の図太さに将来性を感じたのだろうか。

二宮の米国行きにリーダー大野からの餞別は1000円?ってありえない

   金にまつわるエピソードはまだある。それは23歳の時。映画「硫黄島からの手紙」のオーディションに合格した時のこと。嵐リーダー大野智が「(海外ロケに)行く前の日か? じゃ、もう行っちゃうから、5人で焼肉でも食べよう、お別れ会っつうか。旅立つっていう意味でね」と壮行会を開いたことを語りだす。

   櫻井翔が「1か月から1か月半アメリカ行くんだから、俺からこれ餞別だ! つって。いくらもらったんでしたっけ? 二宮さん」と質問。すると二宮は、「1000円です。どうやって生活すりゃいいの? 1か月半、1000円で」と口をとがらせた。大爆笑の中、櫻井が「為替イカれまくってますから」とまとめたが、この話、実は嵐ファンの間では有名なエピソード。なのになぜか登場するたびに金額が下がっていく。最初は10000円だった。それがいつのまにか5000円に半減し、ついに今回は1000円というありえない数字に。

   太っ腹なリーダーというイメージがいつの間にやら常識外れの餞別を渡す世間知らずにすり替わってしまった。自分だけがケチではないと言いたかったのか、単に話を盛り上げたかったのか。とはいえ、小学生の遠足ではないのだから、1000円はない。その話を聞かされている大野は終始笑顔で対応、マユツバ話に異議を申し立てる大人げない真似もしなかった。人間出来てるねえ。

   二宮といえばホラ吹き男爵としておなじみだが、こと他人を傷つけるヨタ話は慎んだ方がいい。大野ファンがおかんむりだ。

知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中