2021年 1月 23日 (土)

太田光、「裏口入学」報道の週刊新潮に勝訴! 志らく「人を傷つけることを平気でやっている」と怒る

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(55)が、日大芸術学部に裏口入学したとの記事で名誉を傷つけられたとして、記事を掲載した「週刊新潮」の発行元の新潮社に3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。判決は「内容が真実であることの証明があったとは言えず、名誉棄損にあたる」として、太田の主張を基本的に認め、新潮社側にネット記事の削除と440万円の賠償を命じた。

   太田は「週刊新潮は私が世界一好きな雑誌なので誹謗中傷するつもりはありませんが、『あの記事は一応法廷では認められなかったんだよ』ということは、事あるごとにラジオ・テレビで、一生言わせていただこうかなと」。

   週刊新潮は2018年8月発売の記事で、太田の父親が通称「裏口入学ネットワーク」を利用、太田が受験日直前に日大教員から指導を受けて合格。父親は対価として800万円を日大側に支払ったなどと報じた。太田は「あの記事で一番いやだったのは、親父が一番重要、大切に思っていたであろう会社名の入った名刺を、誌面の真ん中にドンと置かれた。死んでからもさらに親父の名誉を傷つけた。いくら雑誌を売るためでも、してほしくはないと思った」。

太田「世間に悪いイメージをまき散らしたのが許せなかった」

tv_20201222105846.jpg

   一方で、「僕の口から『絶対に潔白です』っていうのは、正直言って言えないんです。親父が知っていることだから。でも、親父は死んじゃっているし。だけど親父がヤクザにペコペコ頭を下げた。そのことが俺にとっての親父のイメージとあまりにも違うんです。親父はそんなことする人間じゃなかった。別にそれ(裏口入学)をしていても尊敬は変わらないですよ。ただ世間にそういうイメージをまき散らしたってことが、一番許せなかった」とも。

   「正直、タレントとしては面倒くさいなというのもあるけれど、こういう風にやりたい放題やられてしまうと、今後も他の人たちにとってもよくないだろうし。『ここまでするなよ』と公に訴えたいという意味では意義があるのかな」とも語った。

   週刊新潮編集部は「記事の真実性を認めなかったのはたいへん遺憾。控訴して真実性を立証したい」とコメントした。

   MCの立川志らく「週刊誌が何でもやっていい、というのはものすごく嫌ですね。人の心を傷つけることを平気でやってる。人を傷つけておいてごめんなさいがない。新潮社から本も出しているけど、大嫌いになった」

文・栄

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中