2021年 10月 17日 (日)

7日午後から今季一番の寒波が到来! 9日まで災害級の暴風雪が吹き荒れる

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   きょう7日(2020年1月)午後から、日本列島は大寒波に覆われる。気象庁はきのう緊急会見を開き、「西日本から東日本にかけて、今季一番の寒波となります」(気象リスク対策課)と警告した。関越自動車道で2000台が立ち往生した昨年暮れの大雪、それを上回る年末年始寒波、今回はさらに強く、9日まで災害級の暴風雪が吹き荒れるという。

台風並みの猛烈な風と雪

   気象予報士の天達武史が解説した。「爆弾低気圧によって、猛烈な風と雪になります。全国的に最大瞬間風速は30~40メートルで、台風並みです。北日本の日本海側は市街地でも猛吹雪となり、視界がきかなくなるホワイトアウトが起きそうです。関東でも、千葉など沿岸部は暴風になる危険があります」

   あした夜までに降る雪は、北陸80センチ、東北・山陰60センチと予想されている。すでに189センチと、例年の5倍の積雪になっている秋田・横手市は、自衛隊に災害派遣の要請をすることを決めた。関東甲信もあす午前から9日いっぱい降り続き、北関東の山沿いは40センチの積雪となりそうだ。

   天達「交通に大きな影響が出そうです。お気を付けください」

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中