2021年 6月 21日 (月)

「麒麟がくる」衝撃のラストへ!「本能寺の変始動スイッチを入れるのは帰蝶だ」「光秀は生き延びて家康の腹心になる?」「こんなに切ない信長見たことない」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   NHK大河ドラマ「麒麟がくる」がいよいよクライマックスを迎え、「本能寺の変」がどう描かれるか、日本中が固唾を飲んでいる。1月24日(2021年)の第42話では、正親町(おおぎまち)天皇、将軍・足利義昭に加え、徳川家康まで「アンチ信長」に浮上。

   ここに来て、黒幕は朝廷、将軍、家康...と出そろってきた。次回の予告編では帰蝶まで「毒殺」をそそのかすシーンが登場、最後に本能寺の変始動スイッチを入れるのは帰蝶か!とネット上は騒然となっている。

  • 「帝と何を話した」と光秀を問い詰める信長(NHK公式サイトより)
    「帝と何を話した」と光秀を問い詰める信長(NHK公式サイトより)
  • 「帝と何を話した」と光秀を問い詰める信長(NHK公式サイトより)

「道三様ならどうする?」と聞かれた帰蝶が「毒を盛る、信長様に」

   第42話は、明智光秀(長谷川博己)は依然、丹波を攻略中。信長(染谷将太)から摂津の国を任されていた有岡城城主の荒木村重(松角洋平)までもが信長(染谷将太)に反旗を翻す。光秀は、長女のお岸(天野菜月)が村重の長男・村次に嫁いでいたこともあり、秀吉と共に有岡城に出向いて村重を必死に説得する。だが、村重が首を縦に振ることはなく、秀吉は激しく憤る。

   光秀は終わりの見えないすべての戦が、武士の棟梁たる将軍の復権に繋がっていると悟り、将軍・足利義昭(滝藤賢一)が追放された鞆の浦(とものうら)へ足を運ぶ。義昭は釣竿を垂らす暮らしをしていた。一緒に京に帰ろうと促す光秀に、義昭は「そなた一人の京ならば考える」と告げる。

   一方、光秀が帝(坂東玉三郎)と会っていたと知った信長は、嫉妬に狂い、「何を話していた」と激怒して信長を殴打。光秀の心は信長から離れていく。そんななか、徳川家康(風間俊介)が光秀に密談を持ちかけた。信長から、自分の嫡男の信康と妻の築山殿を「殺せ」と命じられていることを告白。「あまりに理不尽。己を貫くほかありません」「これには三河の誇りがかかっております」と悲壮な覚悟を伝えた。

   そして、第43話の予告編で衝撃の映像が流れた。光秀が信長の正室・帰蝶と会いに行き、「(斎藤)道三(本木雅弘)様なら、どうなされましょう?」と聞くと、帰蝶が「毒を盛る、信長様に」と驚きの言葉を口にしたのだ。ネット上には「本能寺の変へのトドメは帰蝶プロデュースなのか?」「まさにマムシ娘」「本能寺の変はさまざまな黒幕説があるが、最後に光秀を強く押し出したのは、まさかの帰蝶と師匠の斎藤道三!」などの書き込みが続出、騒然となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中