2021年 6月 13日 (日)

<来週のおちょやん>(第11週「親は子の幸せを願うもんやろ?」)
岡安の娘みつえは幼なじみの福助と恋仲に。2人の母親は犬猿の仲、とりもつ千代が打った一芝居はバレてしまい...

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   天海一平(成田凌)率いる「鶴亀家庭劇」の次の公演は『母に捧ぐる記』に決まった。一平の書いた、母親の無償の愛を描いた台本だ。

   一方、「岡安」では岡田シズ(篠原涼子)の1人娘のみつえ(東野絢香)に縁談が持ち上がっていた。しかしみつえは乗り気ではない。

   竹井千代(杉咲花)は、みつえの本命は一平だと思い込むが、実はみつえは、幼馴染の富川福助(井上拓哉)と恋仲にあった。

   しかし福助の母・菊(いしのようこ)とシズは犬猿の仲。結婚を許すはずがない。

   みつえからシズと菊の説得を頼まれた千代は一芝居打つが、見事に失敗。逆にシズの怒りを買う結果となってしまった。千代が「2人を許してやって」と頼んでも、シズは聞く耳を持たない。

   そして「鶴亀家庭劇」の2回目の公演が幕開けする朝、みつえは置手紙を残し、福助と駆け落ちしてしまう。

芝居を見て「無償の愛」に気付いた千代は、駆け落ちを引き留める

   舞台では、須賀廼家千之助(星田英利)がいつものように台本とは違う芝居を繰り広げていた。もっとも、最初の台本は千之助によって大幅に書き直され、題名は『マットン婆さん』に、主人公は母親からお手伝いのおばあさんに変わってしまっていたが...。

   しかしその後、千之助の芝居に変化があり、最後はマットン婆さんの「無償の愛」を感じさせる形に変わっていた。

   芝居を通じて何かに気付いた千代は、みつえと福助のいる神社に駆け付けた。そしてみつえに、「言い続ければ、母親であるシズは必ず許してくれる。駆け落ちは間違いだ」と伝えた。

   そこにシズが現れた。みつえは地面に膝をつくと、結婚の許しを請うた。

   シズはみつえたちを連れて「福富」に行くと、菊に頭を下げた。「お菊姉さん、みつえを、福助さんに嫁がしてやってもらわれへんやろか!」(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中