2021年 7月 29日 (木)

「青天を衝け」絶好調スタート!「草彅さんの徳川慶喜にオーラ」「北大路欣也『こんばんわ、家康です』にびっくり」「日本の右肩上がり感にワクワク」「踊り出すカイコがキモイからやめて」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本資本主義の父・渋沢栄一の生涯を描く吉沢亮主演のNHK大河ドラマ『青天を衝け』が14日(2021年2月)スタートした。ネット上では「面白い」「子役たちが生き生きしている」「草彅さんの馬上姿にオーラが出ている」などと好評だ。

   第1回「栄一、目覚める」は、冒頭から渋沢栄一(吉沢亮)が馬に乗った将軍・徳川慶喜(草彅剛)を追いかけ、「私を使わないと幕府の命はない」と直談判をする劇的な対面シーン。また、いきなり「こんばんわ、徳川家康です」と北大路欣也が進行役で登場、日本の歴史を語るオープニングに「おお、笑わせすぎ!」の声があふれた。

  • 徳川慶喜を追いかける渋沢栄一(NHK「青天を衝け」公式サイトより)
    徳川慶喜を追いかける渋沢栄一(NHK「青天を衝け」公式サイトより)
  • 徳川慶喜を追いかける渋沢栄一(NHK「青天を衝け」公式サイトより)

本能寺から1週間、風間家康の余韻残るのにいきなりの北大路家康

   武蔵国血洗島村(現在の埼玉県深谷市)で養蚕と藍玉作りを営む農家の長男として生まれた栄一(子役・小林優仁)の話がメイン。ある日、罪人が藩の陣屋に送られてきたことを知った栄一は、近くに住むいとこの喜作(子役・石澤柊斗)らと忍び込む。罪人は砲術家・高島秋帆(玉木宏)で、栄一に「人の上に立つ者の務め」と諭すのだった。一方、江戸では、次期将軍候補とすべく、水戸藩主・徳川斉昭(竹中直人)の息子、七郎麻呂(子役・笠松基生)を一橋家に迎え入れる話が進んでいた...という展開だった。

   ネット上ではこんな声があふれた。

   「オープニングの踊る映像がディズニーの劇みたいでステキだった。今までの大河のOPであんなの見たことないから斬新だった。和風なディズニーの劇みたいな感じがした」

   「本能寺の変から僅か1週間、まだ風間くん家康の余韻がある中で、いきなりの北大路家康の『こんばんわ』にひっくり返りそうになりました(笑)。草彅さんの馬上姿は気品があってオーラが出ていたし、吉沢くんのいきなりの登場で一気に引き込まれた。戦国試合も良いが、江戸から明治への新しい時代が始まるワクワク感がいいね。これからが凄く楽しみだ!」

   「こんな入り方は初めてではないか?あまりにも想定外で驚いた。年表に『令和』まで入っていたのには笑った。『2020年コロナでオリンピック延期』まで年表に書いてありましたね〜」

   「第1話、素晴らしく、引きこまれました。ただ、歴史をなぞるだけでなく、物語の中に『みんなが幸せになる世の中をつくる』という一筋の信念が貫かれていました。一瞬たりとも、見逃さずに、60分見入ってしまうくらいでした。キャストの皆さん、皆、熱演で、見事でした。中でも、草彅さんは言葉少なの中にも存在感は、圧倒的でした。今後、草彅ぎさんと吉沢君の絡みが楽しみです」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中