2021年 2月 26日 (金)

<おちょやん>(第55話・2月19日金曜放送)
「言い続ければ、許してくれる。だって、お母ちゃんだから」千代は、みつえの駆け落ちを阻止しようと必死で説得する

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   千代(杉咲花)は、雨が上がったばかりの道頓堀を必死で走って行った。舞台衣装のままだ。

   一方、岡田シズ(篠原涼子)もまたひとり娘のみつえ(東野絢香)を探してさまよっていた。

   千代が向かったのは神社。そこには今まさに駆け落ちしようとしているみつえと福助(井上拓哉)がいた。

   千代「何度でも言い続ければ、きっとごりょんさんは許してくれる。だってごりょんさんはみつえのお母ちゃんやから。でも、駆け落ちをしたら一生会えなくなる。うちは、そないなってほしない」

様子を見ていたシズは、若い2人を連れ福富に向かった...

tv_20210213082224.jpg

   そこへシズがやってきた。みつえは駆け落ちしようとしたことを謝ると、地面にひざをついて訴えた。

   みつえ「うちはお母ちゃんたちと同じくらい福助さんが好きなんや。結婚させてください。許してくれはるまで何度でも言います。お母ちゃんを困らします。堪忍な、うちワガママな娘やねん」

   その様子をじっと見ていたシズは、「ついといで」と言うと、みつえたちを連れて「福富」に行った。

   シズ「お菊姉さん、みつえを、福助さんに嫁がしてやってもらわれへんやろか!」

   こうして2か月後、2人は祝福されながら結婚することになった。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中