2021年 6月 16日 (水)

<おちょやん>(第56話・2月22日月曜放送)
前座で千代と一平が二人芝居を演じることに。舞台の演技で一平は突然、千代にキスをする

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   昭和4年2月。鶴亀家庭劇では次の公演に向けて稽古が始まっていた。

   天海一平(成田凌)と千代(杉咲花)は、前座で二人芝居を演じることになった。台本は新作の「若旦那のハイキング」。商売敵の親同士のせいで結婚を反対された恋人たちの物語で、岡安のひとり娘・岡田みつえ(東野絢香)と岡安の商売敵、福富のひとり息子・富川福助(井上拓哉)の結婚を参考に、一平が書き上げたものだった。

   恋に落ちた若旦那が、恋人の気持ちを確かめるために心中しようと持ちかけ、毒入りと偽って酒を飲ませるという筋書きだった。

客は退屈そうだったが、千代は迫真の演技で引きつける

   千代「好きな人のためなら、死んでもいいという気持ちはわからへん。せやけど、弟のヨシヲのためなら死ねる。そんな気持ちで演じてみるわ」

   千代は、一平にそう話した。そして舞台初日。千代と一平の芝居が始まるが、客は退屈そうにあくびをしている。どうしようかと焦る一平だったが、千代は迫真の演技で観客を引きつける。

   千代「生まれ変わったら、今度こそ一緒になりましょうな」

   千代が演じるお嬢さんが、そう言って毒入りの酒を飲もうとしたその瞬間、一平が突然、千代の手を掴んでキスをする! 千代は呆然となって...。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中