2021年 8月 3日 (火)

<おちょやん>(第70話・3月12日金曜放送)
千之助は一平と協力し「万太郎一座に勝てる芝居」を作った 芝居は大盛況、そしていよいよ千秋楽の幕が下りる...

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   千之助「頼むわ!万太郎一座に勝てる芝居を一緒に作ったってくれ!」

   一平と千之助は初めて協力しながら台本を作ることになった。昼夜を忘れ、たびたび行き詰まりながらもできた台本が新作『丘の一本杉』だ。

   千之助「これいけるわ、二代目。これやったら絶対に勝てるで!」

   再び結束した劇団員たちで演じた、笑って泣ける父と息子の芝居は大盛況になった。客席には、満足そうに笑みを浮かべる万太郎の姿もあった。

対決後、顔を合わせた千之助と万太郎は再び火花を散らす

   そして千秋楽の幕が下りた。家庭劇はたった15人の来場者数の差で、万太郎一座に負けた。しかし、全力を出し尽くした千代たちには悔しさはなかった。

   それから数日後...。居酒屋で酒を飲んでいた万太郎に、千之助は近づいた。万太郎は結局チャップリンには会わなかった。

   万太郎「まだ、この国でやり残したことができたさかいな。世界は二の次。家庭劇に圧倒的な差をつけて勝つことが先や」

   千之助「けど、久々に見せてもろた。兄さんのホンマに楽しそうな顔」

   万太郎「まだまだや...。もっと楽しませてもらわな、お前を切り捨てた意味あらへん」

   千之助「そうやって余裕かましとけ。来年の今頃には喜劇王の名はこのわしのもんや」

   笑い声が響いたが、2人の目は笑っていなかった。

   (NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中