2021年 8月 6日 (金)

あのころワイドショーの芸能ニュースは面白かった! 「とくダネ!」ファイナル企画で「見出しの裏ダネ!」復活

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   今月26日(2021年3月)に最終回を迎える「とくダネ!」は連日ファイナル企画を放送しているが、きょう18日は、最新の芸能情報の裏側を伝える「見出しの裏ダネ!」が16年ぶりに復活した。週刊誌の中刷り広告を並べて、芸能リポーターらが見出しの裏側を深掘りするというコーナーだ。

   登場したのは、マイク片手に芸能人を追いかけていた姿が懐かしい平野早苗リポーターや小柳美江リポーターら。司会の小倉智昭は「16年ぶりだぞ。みんな年とったねえ」と苦笑していた。

平野リポーターが不倫東出の沈黙の裏側を語る

   平野といえば、昨年3月(2020年)に行われた不倫謝罪会見で俳優の東出昌大を12秒間絶句させた「(妻の)杏さんが好きなのか? (不倫相手の)唐田さんが好きなのか? どちらですか?」という質問が記憶に新しい。東出は沈黙の後、「私の心のうちを今ここでしゃべるのは妻を傷つけることになると思いますので」などと回答。その後、結局離婚した。

   平野がこのときの舞台裏を明かした。会見前にディレクターと打ち合わせをした際、妻と不倫相手のどちらが好きなのかを質問しようという話になったものの、平野は「ものすごい質問なので聞けないかもしれない。タイミングがあったら聞きます」と答えていたという。「あの質問で(東出が)あんなに固まってしまうとは思いませんでした。杏の方に戻りたいと思っているという情報があったので、そういう気持ちが出てくると思っていた。(あの沈黙は)関わった女性への優しさがあったからかなと思います」と振り返っていた。

   小倉「あのときの早苗ちゃんは鬼のようだったよ」

   小柳「最近はみなさんがツイッターやブログで発表するので、あまり取材に行く機会がなくなりましたね。『とくダネ!』が始まったころは何時間も張り込みするなどして、直接インタビューするしかなかった。体力勝負でした」

   韓国ドラマ「冬のソナタ」のペ・ヨンジュンが来日した際、「すてきですね~、なかなか大したもんです」とリポートした武藤まき子リポーターの懐かしい映像も。武藤は2016年に亡くなった。小倉は「おまきさんはこのコーナーをやってなければ、もっと長生きできたんじゃないかな。このコーナーは、リポーターにとっても厳しかったよ」としみじみ振り返っていた。

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中