2021年 4月 23日 (金)

「私が走ると感染が広がる」黒木瞳さん聖火ランナー辞退に称賛の声!「直球の正論だ」「スケジュール云々の嘘を言わず、清々しい」「五輪中止の輪が広がることを祈りたい」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   東京五輪の聖火ランナーに選ばれていた俳優の黒木瞳さん(60)が、「自分が走ると、沿道に人が集まり感染が広がる」と心配して聖火ランナーを辞退していたことが3月23日(2021年)わかった。朝日新聞やNHK、読売新聞など多くのメディアが報じた。

   ネット上では「直球の正論だ」「スケジュールが合わないなどと言い訳を言わず、清々しい」と称賛の声が巻き起こっている。

  • 黒木瞳さん(2010年、(C)Disney )
    黒木瞳さん(2010年、(C)Disney )
  • 黒木瞳さん(2010年、(C)Disney )

「この直球正論、誰が最初に言うのか待っていました!」

   黒木さんは5月に福岡県内を走る予定だった。しかし、福岡県によると、3月に入り、所属事務所から辞退の申し出があった。「聖火リレーで自分が走ると、沿道で密集した状態になり、感染防止対策が困難になるので、辞退することになった」という。福岡県は慰留したが、折り合わず、3月22日に正式に辞退が決まった。

   黒木さんは福岡県八女市出身。県実行委員会が推薦し、2019年12月に走者の内定が発表された。福岡県では「福岡県のシンボリックな方で残念としか言いようがありません」と話しているという。

   ネット上ではこんな称賛の声が起こっている。

   「沿道に観衆が集まることを黒木さん側が心配。この直球正論、誰が先に言うのか待っていました。黒木瞳さんになったか。素直に尊敬します」

   「スケジュール云々という言い訳が突然ゾロゾロ出始めて、嘘くさかった。スケジュールはずっと前からわかっているはず。黒木さんのハッキリした性格がよくわかる。正直に言ったのはとても評価できる。こういったストレートな辞退理由を察する民衆が大勢いればいいと思うが」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中