2021年 5月 8日 (土)

「ロックダウン」も覚悟? 3度目の「緊急事態宣言」へ

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   政府はあす23日(2021年4月)に、東京、大阪、京都、兵庫に新型コロナウイルス緊急事態宣言を出すことを決め、来週からさまざまな対策が実施される。3度目ということで対策はかなり強化され、たとえば大阪府は飲食店での酒類の提供はほぼ禁止、デパート・映画館・ショッピングセンター・テーマパークは休業、イベントは中止か延期、小中高校は休校にはしないがリモート授業を推奨とされている。

  • 小池都知事も緊急事態宣言を出すよう政府に要請した。
    小池都知事も緊急事態宣言を出すよう政府に要請した。
  • 小池都知事も緊急事態宣言を出すよう政府に要請した。

解除はいつになる?

   他の都府県もこれに準じた対策が実施されると予想されるが、期間はいつまでなのか。司会の加藤浩次は「サッカーや野球は大都市の試合は中止。地方は開催となると、スケジュールに大きな狂いが出てきますよね。シーズンを終われるのかな」とのん気な心配をする。

   小池東京都知事は「4月29日から5月9日までの11日間を徹底的に抑え込む」、政府分科会の尾身茂会長は「最低でも3週間」、吉村大阪府知事は「3週間から1か月」という。

   番組ゲストの日本感染症学会指導医の水野泰孝医師「対策を実施して効果が出るまでに2週間ぐらいかかります。それを判断するのにさらに1週間。最低でも3週間は必要かなと思います」

   加藤「軽症者や中等症者が悪化して、重症者は後から増えてくるので、そのくらいは見ておかなくてはいけないんでしょうね」

   短くても5月半ばまでということだが、実施するなら、対策は「強く短く」で目に見える効果を期待したい。今年のゴールデンウイークは『ロックダウン』を覚悟するしかないか。

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中