2021年 10月 23日 (土)

小関裕太が「いまハマっているパン」 「食パン通」指摘のポイントとは

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「語ってMY LIFE」コーナーで、食パン通を自称する俳優の小関裕太が「いまハマっているパン」を推した。「焼かない、(バターやジャムを)つけない、生で食べるが基本で、ポイントは二つ。小麦の味わいを楽しむ。耳と生地のバランスの違いを知るです」

  • コーヒーに合いそう…。
    コーヒーに合いそう…。
  • コーヒーに合いそう…。

隠し味に飴

   高級食パンブームで、火付け役の専門店「乃が美」は全国220店舗に広がり、ハンバーガーチェーンの「モスバーガー」も1斤600円のお高め食パンの販売を始めた。

   で、小関のおすすめだが、1つめは石川・金沢市の新出製パン所の「加賀極」(1本1040円)で、もっちり甘め。試食したキャスターの森圭介アナは「甘いです。スイートとしてもいけますね」と目を丸くする。隠し味に金沢飴を加えているからだ。

   2つめは、東京・中野の「Oh!間違いない」(1本870円)という商品名のパンで、店の名前も「うん間違いない!」とユニーク過ぎる。もっちり食感で香りの豊かさがウリだ。司会の加藤浩次は「小麦をすごく感じますね。コーヒーに合いそう」。小関によると、「塩とざらめを加えて、味に立体感を出しているんです」

   3つめは大阪市の嵜本(さきもと)の「極微"ナチュラル"食パン」(2斤サイズ900円)。卵と乳製品を使わず、ふんわりあっさりに仕上げてある。「軽いね。シンプルな食パンです」(加藤浩次)

   小関は「パンへの愛を伝えていきたい。パンのCMも出たい」とまとめたが、なんだか小関とパンのプレゼンだったような......。

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中