2021年 6月 25日 (金)

坂間(黒木華)が初「裁判長」に苦悩 みちお(竹野内豊)がかけた言葉とは
「イチケイのカラス」第4話(フジテレビ系4月26日月曜放送)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東京地裁第3支部第1刑事部(通称イチケイ)の裁判官・入間みちお(竹野内豊)は、絶対に冤罪を生むことのないように、職権を発動して自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにする異端な刑事裁判官。一つの裁判に時間をかけすぎるため、上層部から睨まれている。

   ある日、イチケイの部長裁判官・駒沢義男(小日向文世)は、家庭裁判所から逆送されてきたある少年事件を合議制で扱いたいと入間たちに告げる。

  • 番組公式サイトより。
    番組公式サイトより。
  • 番組公式サイトより。

少年事件を扱うのも初

   被告人は17歳の望月博人(田中偉登)。半年前に高校を中退した望月は、レジャー施設でアルバイトスタッフとして働いていたが、あるとき売上金5000万円を盗んで逃亡。警察に逮捕されそうになり、繁華街のビルの非常階段から盗んだ現金をばらまいた。被告人が未成年のため、当初は家庭裁判所で審判が行われたが、被告人の性格や事件の重大性などから見て、保護処分ではなく刑事処分が相当として家庭裁判所から検察官に戻されて送致されたのだ。

   入間は駒沢に、この事件の裁判長として同僚の坂間千鶴(黒木華)を推薦した。坂間は東大法学部出身で将来を約束されたエリート中のエリート。犯罪者相手の刑事部ではなく、より高度なスキルが要求されるとして民事部への異動を望んでいた。だが、「罪に正しい罰を下すことが使命だ」との信念のもと、じっくりと事件の真相を深掘りしていく入間や駒沢の影響を受け、刑事部への残留を決めたばかりだった。

   入間の提案が受け入れられ、合議制で裁判長を務めた経験がない上に、少年事件を扱うのは初めての坂間が、裁判長として訴訟指揮をとることとなった。

   一方、被告の望月は取り調べの段階から完全黙秘を貫くなど反抗的な態度で、口を開いたかと思えば「法律なんてクソだ!」と吐き捨てる。挙げ句には逆上して坂間に殴りかかろうとする始末で、裁判は迷走する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中