2021年 5月 8日 (土)

星(有岡大貴)がやむなく浮気調査 ゲスい夫だと思いきや...
「探偵☆星鴨」第2話(日本テレビ系5月3日月曜深夜枠放送)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   子供のころからハードボイルドな探偵に憧れていた星鴨(有岡大貴)は探偵学校を卒業後、祖母が経営していたリサイクルショップの後を継ぎ、その一角で「星探偵事務所」を開いた。真相を解明したときの決めゼリフは自分の名前にちなんで「見えた! 輝く一番星!」だ。

   そんな星の弱点は、女性が大の苦手ということ。女性と3秒以上目を合わすことができず、30センチ以内に近寄ると呼吸困難に陥ってしまうのだ。それなのに、ストーカー被害を相談してきた元電器メーカーOL・唐戸つぐみ(片山友希)が押しかけ助手となったおかげで、星の調子は狂いっぱなしだ。

  • 日本テレビ系の「探偵☆星鴨」公式サイトより。
    日本テレビ系の「探偵☆星鴨」公式サイトより。
  • 日本テレビ系の「探偵☆星鴨」公式サイトより。

「誰も幸せにならない」と主張していたが

   そんなある日、廃品の買い取りを終えた星がリサイクルショップに戻ると、いつもは店番ばかりで不満タラタラの唐戸が、得意げに「調査の依頼を受けた」という。だが、それは星が「浮気調査は誰も幸せにならない」との理由で断固拒否する浮気調査だった。

   「ウチは浮気調査はやらない」「もう受けてしまったから、やるしかない」と2人が言い争っているところに、依頼人の主婦・島田里奈(朝倉あき)がやって来た。島田は「夫が自分の携帯を見る回数が増えた」と改めて浮気調査を頼み込み、星は依頼を受けるハメになった。

   調査を開始すると、ほどなく島田の夫・博司(伊島空)は限りなく『クロ』だと判明する。初めての調査にノリノリで手伝っていた唐戸だったが、博司のあまりのゲスさ加減に嫌気が差し、「本当に浮気調査って考えものですね」と浮気調査を拒否する星の気持ちを理解した。

   事務所の近くで起きたタワシ殺人事件を捜査中の刑事・捜田一(岡田義徳)に盗撮犯に間違えられるというアクシデントに見舞われながらも、その後も調査を続けた。すると、「誰も幸せにならない」はずの浮気調査で、博司の『怪しい行動』の思いもよらない真相が明らかになる。(月曜深夜<火曜未明>0時59分放送)

(寒山)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中