2021年 11月 28日 (日)

「歴史に挑む」14歳、五輪内定 飛び込み玉井選手、ここが凄い

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「12歳の時、最年少記録を塗り替え彗星のごとく現れたスーパー中学生。玉井陸斗選手、14歳です。飛び込みのワールドカップで見事、東京オリンピックへの切符をつかみ取りました」とMCの谷原章介が伝えた。

   玉井選手は男子10メートル高飛び込みの選手。6歳のころから飛び込みを始め、12歳の時に鮮烈なデビューを果たし、史上最年少で日本選手権を制するなど、期待の新星として注目を浴びてきた。

  • 14歳の挑戦に注目が集まる。
    14歳の挑戦に注目が集まる。
  • 14歳の挑戦に注目が集まる。

「脚に感覚を感じないくらい緊張していた」

   期待されていた2020年のFINA飛込W杯は、コロナの影響で延期になり、きのう3日(2021年5月)に開催された。ようやく大一番を迎えることになったが、玉井選手を待ち構えていたのは、初めての国際大会という重圧だった。

   6本の演技の総得点で競うこの種目では、上位18位以内に入り準決勝に進めば、五輪代表の座をつかめる。玉井選手は1本目で高得点をマークしたものの、2~4本目では大きなミスが続き19位となり、代表内定圏外に転落。

   崖っぷちの6本目。演技を見事に決め、15位に浮上。劇的な流れで五輪への切符をつかみ取った。その後準決勝で9位となり、きょう4日に決勝が行われる。

   そんな玉井選手、試合後の会見で見せたのは満面の笑みというより安堵の表情。「脚に感覚を感じないくらい緊張していた」と話した。

   情報キャスターの西岡孝洋アナ「もともと玉井選手が注目されたのは、もし東京五輪が延期されずに行われていたら、13歳での出場だったということ。これは日本人男子の最年少記録だったんです。最年少記録はなくなりましたが、その代わり、身体付きが全く変わりました。12歳の時に比べ、身長は12センチ伸び、体重も14キロ増えたんです」

   ロンドン五輪の女子高飛込み日本代表だった中川真依さんは「筋肉量が増えたことでジャンプ力がアップし、ダイナミックな演技が可能になった」と解説している。

   西岡アナ「大技もあるので、それを決めれば14歳でメダルという夢も見えてきます」

   谷原「期待しちゃう。なんとか良い形でオリンピック開催できるよう、僕たちも頑張りましょう」

   この種目の日本人最高順位は、シドニー大会の寺内健選手の5位入賞。「歴史に挑む14歳」を応援したい。

(ピノコ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中