2021年 6月 23日 (水)

「青天を衝け」ディーン・フジオカ「五代様」に大興奮!「心の準備もないまま開始2分でキター!」「ちょっと悪そうな感じ、ステキです」「土方歳三も山本耕史だったら面白かったのに」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   吉沢亮主演のNHK大河ドラマ「青天を衝け」第13回「栄一、京の都へ」が5月9日に放送されたが、いきなり開始2分でディーン・フジオカが、薩摩藩士の五代才助(友厚)役で登場。ネット上では「おお、五代さま!」「キターー!」「フンッて笑ったよ~」「いい男だな~」という歓声が起こった。

  • ちょっとワイルドな感じがよかった五代友厚(NHKの公式サイトより)
    ちょっとワイルドな感じがよかった五代友厚(NHKの公式サイトより)
  • ちょっとワイルドな感じがよかった五代友厚(NHKの公式サイトより)

「カッコよさとステキさが怒涛のように通り過ぎ...茫然」

   ディーン演じる五代友厚は、2015年度後期の連続テレビ小説「あさが来た」で、一大ブームを巻き起こした「五代様」の再演だ。長年の長崎遊学から世界情勢に通じ、貿易による富国強兵を唱えて渡英。留学中にパリ万国博覧会の情報をいち早く得て、薩摩藩を参加に導く。この時、幕府側の一員として参加していたのが渋沢(吉沢亮)だ。後に「西の五代、東の渋沢」と称される実業家となる因縁の2人だ。また、劇団EXILEのメンバー・町田啓太も開始10分で新選組の鬼の副長・土方歳三役で登場した。

   ネット上ではこんな声があがった。

   「あわわわ~、いきなりで、心の準備が...と思っているうちに、カッコよさとステキさが怒涛のように通り過ぎて、茫然! その後はその余韻で、物語が全然入ってこない始末。主役級のインパクト!」

   「ディーンさんのちょっといい意味で悪そうな感じ、良かったわ~。今後も楽しみ」

   「まさかオープニング前の、こんなに早く出てくるとは思ってなかったです。ちょい出演はサービスだったのかな?嬉しかったです。『朝が来た』の五代様と全く同じ雰囲気になるといいな、とは思うけどワイルドさがあるのもまた魅力的で良いですね。本格的に絡んでくるのはまだ先ですが、楽しみにしておきます」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中