2021年 6月 17日 (木)

「珈琲いかがでしょう」青山の凄まじすぎる過去に賛否激論!「神回だ」「たこ師匠『あんたのこと大切に思ってるよ』に泣けた」「こんな血生臭いドラマ、もう見ません!」「いやしの珈琲屋さんの話だけで良かった」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   中村倫也主演ドラマ「珈琲いかがでしょう」(テレビ東京系)第6話が5月10日(2021年)に放送されて、移動珈琲店主・青山一(中村倫也)がなぜ珈琲に魅せられるようになったかの秘密が明らかになった。珈琲の師匠である「たこ」と呼ばれるホームレス(光石研)との出会いが、ヤクザに命じられるままに人をボコボコにして始末する「清掃業」をしていた青山の人生を変えたのだ。

   ネット上では、「神回だ。たこ爺さんの『あんたのこと大切に思ってるよ』というセリフに泣けた」「青山を殴るぺい、殴られる青山の目、切なかった」と感動の声の一方で、「もう過去の暴力の話はいい。ほっこりのドラマに戻ってほしい」「血生臭いシーンは見たくない」という批判も多かった。

  • たこ師匠との出会いが青山を変えていく(テレビ東京の公式サイトより)
    たこ師匠との出会いが青山を変えていく(テレビ東京の公式サイトより)
  • たこ師匠との出会いが青山を変えていく(テレビ東京の公式サイトより)

ホームレス珈琲師匠「ド底辺の生活でも彩りが」

   物語は、自分が淹れる珈琲のファンの垣根志麻(夏帆)に過去を知られた青山は「たこ」との出会いを語る。ホームレスに身をやつしながら、おいしい珈琲にこだわるたこは、その理由を「ド底辺の生活でも彩りがほしい。どうせなら小粋にポップに生きたい」と青山に語った。その言葉が「生きがいのない底辺の生活」をしていた青山の心に突き刺さり、たこに弟子入りした。

 

   たこは、単に珈琲をおいしく淹れる技術だけではなく、青山自身に足りていない「何か」を気づかせるため、厳しい修行を課す。青山は珈琲の腕前の上達するにつれ、心穏やかに日常を過ごし、ちょっとした幸せに気づくことの大切さを理解するようになった。青山は相棒だった「ぺい」(磯村勇斗)から託されたメモを手がかりに、死んだたこの遺骨をある場所に届けようとする。目的地に辿り着いたと思ったその時、青山を追う暴力団3代目組長・ぼっちゃん(宮世琉弥)に捕まってしまう。どうなる、青山!という展開だった。

   ネット上ではこんな称賛の声があふれた。

   「神回だ!今回はいつもと違うテイストで、いたく感動した。タコじい(光石研さん)の『あんたのこと大切に思ってるよ』に激しく動揺する中村倫也の気持ちが伝わった。ふと自分自身も、大切に思っている人を振り返ってみた」

   「素晴らしかった。珈琲の修行をする事で、青山の体に血が巡る様に、今の自分に疑問を感じる様子。そして、タコさんから『君も大切だ』と言われる事は、人から初めて愛される事でもあり、垣根さんからの『青山さんの珈琲が好き』と思われる事は、必要とされている事であり、本当はとても幸せな事だと思いました」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中